有名なテニス選手

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

有名な男性テニス選手

現在はタレントとして活躍する松岡修造さん

元気のいいスポーツ系のタレントとして、テレビ出演の多い松岡修造さんは、1995年のウィンブルドン大会でベスト8まで進出したことのある名選手でした。

松岡さんは、8歳の時にテニスを始めましたが、最初に期待されたのは、一緒にテニスを始めた1歳上の兄の方でした。

わんぱくだった松岡さんは、コーチたちから誉められることも、「ガッツがあっていい」とか、「元気がいいぞ」というものばかりだったそうです。

しかし、夢中になって練習していると、中学2年の時、全国中学生大会で優勝します。

それでも中3からテニスをさぼってしまった松岡さんでしたが、慶応義塾高校2年の時、改めて「もう一度、テニスを頑張ろう」と考え直し、テニスの強豪校だった福岡県の柳川高校に転校します。

そして、テニスに打ち込み、インターハイなどで活躍しました。

高校3年の時、世界的に有名だったボブ・ブレッドコーチから、「アメリカに来い」と誘われてアメリカに渡ります。

その後、プロに転校して、小さな大会でポイントを稼ぎ、世界ランキングをあげていきました。

そして、ウィンブルドン大会でベスト8に入ったのは27歳の時でした。

世界ランクの最高位は46位でした。

戦前に四大大会で32勝もした佐藤次郎さん

佐藤次郎選手は、1908年、現在の群馬県渋川市に生まれ、早稲田大学在学中に日本ランキング1位になります。

さらに、大学を卒業した年、全仏でベスト4に進出、世界でも9位にランクされました。

1933年の全仏では、現在でも「イギリスのテニスの神様」と呼ばれるフレッド・ペリーを破り、佐藤選手は世界的に有名な選手となりました。

四大大会で5度もベスト4に入り、シングルスだけで32勝という勝利数は、錦織圭選手が塗り替えるまで日本人の最多勝記録でした。

日本男子のエース・錦織圭選手

島根県松江市出身の錦織圭選手は、2015年にアジア男子歴代最高位となる世界ランキング4位になるなど、現在の日本男子テニスを引っ張る存在です。

2014年の全米オープンでアジア男子史上初の四大大会シングルス決勝進出とATPワールドツアー・ファイナルズ出場を成し遂げました。

2016年にはリオデジャネイロオリンピックで男子シングルス銅メダルを獲得しています。

サイズこそありませんが、フットワークと予測力を生かしたカバーリングで遠いボールに追いつき、多彩なショットで相手をほんろうするプレースタイルで世界と渡り合っています。

フォアハンドでチャンスボールをジャンプしながら強打するプレーが得意で、「エア・ケイ」と呼ばれ、錦織圭選手の代名詞となっています。

有名な女子テニス選手

世界ランキングの4位までいった伊達公子さん

伊達公子選手は、京都市出身で、6歳の時、地元のテニスクラブに入りました。

全国的に注目されるようになったのは、園田学園で光国彰監督の指導を受けてからです。

高校3年のインターハイで、シングルス、ダブルス、団体の3冠に輝きました。

高校卒業後、プロに転向すると、1年目から全仏、全英、全米大会で本戦に出場。

その後も着実に実力をアップさせ、全米でベスト8、全豪でベスト4に進出しました。

世界のトッププロとして活躍するようになり、25歳の時、世界ランキング4位に輝きました。

26歳の時、世界ランキング8位で現役を引退しましたが、結婚後の2008年に37歳で現役復帰。

自分は動かず相手を左右に振り回すような、ベテランらしいテニスで勝利を重ね、若い選手に刺激を与えたのち、2017年に二度目の引退となりました。

日本テニスの歴史を塗り替え続ける大坂なおみ選手

ハイチ系アメリカ人の父と日本人の母を持つ大坂なおみ選手。

2018年までは日米の二重国籍でしたが、2019年、22歳の誕生日を迎えるにあたり日本国籍を選択しました。

大坂なおみ選手は3歳からテニスを始め、4歳にはアメリカに家族で移住。

以降はアメリカで力をつけ2013年にプロ転向しました。

2016年に全豪オープンの予選を突破し、四大大会初出場。

この年の9月には世界ランキング47位になり初のトップ50入りを果たすと、こうした活躍が認められ日本勢初のWTAアワード最優秀新人賞を受賞しました。

そして2018年全米オープンで日本女子史上初の四大大会決勝進出を果たすと、憧れのセリーナ・ウィリアムズを破って四大大会初優勝を果たします。

翌2019年の全豪オープンでも優勝し、四大大会2勝目を挙げ、日本勢最高となる世界ランキング1位となりました。

180cm、69kgという体格から繰り出される、パワーあふれるサーブやストロークはもちろん、プレー中の感情表現が豊かなことも魅力の一つである大坂なおみ選手。

しかし、試合後のスピーチでは非常にシャイで繊細な一面ものぞかせるなど、世界中のテニスファンに愛される稀有なキャラクターの持ち主でもあります。