テニス選手のつらいこと、大変なこと

国内外の大会に出場するための遠征費がかかる

テニス選手にとって大変なことの一つは、大会へ出場するための遠征費がかなりかかることです。

世界ランキングで100位以内をめざすと、男子の場合、「サテライト・サーキット」や「フューチャーズシリーズ」、「TPチャレンジャーツアー」などの下部大会に出場して、ポイントを獲得しなければなりません。

女子の場合も、システム的には同じです。

そこで、男子の「フューチャーズシリーズ」の予定をみると、韓国で開催された後、ロシアやボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチア、チェコといった東欧諸国を回り、エジプト、イタリア、モロッコが会場というスケジュールになっていました。

また、時期によっては、アメリカ大陸を転戦することもありますし、西欧諸国を転戦することもあります。

すべてに出場する必要はありませんが、少しでもポイントを稼ごうと思えば、世界各地を転戦していくしかありません。

遠征費の大きさに比べ賞金が少ない

世界の国々を転戦しようと思えば、かなりの費用がかかります。それなのに、収入は、大会で勝たなければ得ることができません。

つまり、賞金を獲得しようと思えば、あらかじめ、大会に出場するための遠征費を用意しなければならないのです。

そのうえ、大会で優勝したとしても、ランキングの低い間は大会の規模が小さく、賞金の額も多くありません。優勝賞金は数十万円で、準々決勝に進出しても十数万円です。

さらに、大会に出場しても、勝たなければ収入はありません。そのため、世界ランキングで100以内に入るまでは、出費の方がかなり多くなります。

遠征費を節約しながら、世界各地を転戦する

かつてのプロ選手には、家族や親せきがかなり裕福で、遠征費を出してもらっていた選手もいました。それが無理なら、自分でスポンサーを探さなければなりません。

プロとして実績のほとんどない選手が、スポンサーを探すのは、なかなか大変です。

遠征費を切り詰めるため、宿を質素なところにしたり、食費を節約したり、さらには、長距離移動でもバスにすることもあります。

多くの選手は、毎日、お金の計算をしながらテニスの大会を戦っていくことになります。

大会から宿泊、移動の手配も自分でする

遠征は一人で行くことが多いです。出場する大会を探してエントリーすることから、飛行機や列車、バス、ホテルの手配、現地での食事や移動も、すべて自分でしなければなりません。

試合に負ければ、ホテルに戻って次の大会のエントリーをし、移動手段と次のホテルを予約。準備が終われば、さっそく、次の試合会場に向かいます。

言葉は、すべて英語が基本です。慣れるまでは全てが大変で、精神的、体力的にかなり強くなければ、コートに立つ前にヘトヘトになってしまいます。

中学、高校時代から海外での試合に慣れておくことが大事

最近は、日本テニス協会が、中学生、高校生のうちから海外での試合に派遣する機会が増えています。また、「盛田ファンド」などを使って、中学生を海外留学させるケースもあります。

中学、高校生のうちから海外遠征を経験することで、海外での大会出場に慣れたり、英語の勉強をするようになるからです。

また、中学、高校生のうちから海外で活躍すれば、プロに転向した時、スポンサーもつきやすいものです。