テニス選手のトレーニング・訓練

テニス選手のトレーニングメニュー作成は難しい

テニス選手として高いレベルで活躍したいなら、トレーニングは、しっかりした指導者について、きちんと教えてもらう方がいいでしょう。

テニスのトレーニングメニューを作ることは、他のスポーツと比べても難しい部類に入ります。

たとえば、「心・技・体」という言葉があります。世界のトップ選手と対等に戦おうと思えば、心技体のすべてにおいて、高いレベルでバランスが取れていることが必要になります。

また、テニスの試合では、自分のプレースタイルを確立し、そのスタイルに合わせた戦術も重要なポイントになります。

プレースタイルと戦術を確立してから

そう考えると、テニス選手は、トレーニングすべきことが非常に多いことがわかるでしょう。しかし、練習にさける時間は限られています。

短い時間で効率的に練習するには、まず、自分のプレースタイルと戦術を確立し、それに合わせて技術や体を鍛えて行く必要があります。

さらに、心技体全般についても、選手の長所と弱点をよく分析したうえで、効率的なトレーニングメニューを作成する必要があるのです。

これは、選手本人には、なかなか難しいことです。テニスについてはもちろん、トレーニング全般にも高い知識をもつ指導者でなければ、なかなかできません。

世界のトッププロを目指すなら筋肉の柔らかさが欠かせない

世界のトップクラスのサーブは、男子で時速250キロ、女子で時速200キロを超えてきます。ショットも、かなりの高速になります。しかも、そうした高速サーブやショットを動き回って打ち返さなければなりません。

それをするために必要なのは、まず筋肉の柔らかさです。

時速200キロ前後のボールの軌道を正確に捉えるには、目の周りの筋肉を柔らかく保つ必要があります。また、ボールにかけられた回転を認知するにも、目の周りの筋肉が柔らかくなければなりません。

そして、ボールの軌道を捉えたら、その軌道に合わせて素早く動くにも、全身の筋肉がやわらかいことが欠かせません。

現実に、シューズメーカーの担当者やトレーナーなどの証言でも、世界で活躍するトッププロは、足裏も、ふくらはぎも、ももの筋肉もまるでつきたてのお餅のように柔らかいそうです。

現在のトッププロには、もともと筋肉の柔らかさに恵まれた人が多いのですが、トッププロを目指すなら、通常のトレーニングに加え、筋肉を柔らかくするトレーニングが必要になります。

自分に合った方法を見つけて、少しずつ柔らかくしていく

筋肉を柔らかくするトレーニングとしては、ストレッチングやゆる体操、マッサージなどがあります。最近は、インターネットやYou-Tubeでも、いろんな部分の筋肉を柔らかくする方法がたくさん紹介されています。

いくつかの方法を試して、自分で、実際に効果の感じられる方法を見つけるといいでしょう。そして、お気に入りの方法が見つかれば、それを毎日続けることです。

筋肉の状態は、日々微妙に違いますので、地道に続け、少しずつ柔らかくしていくことが大切です。