診療情報管理士の勤務時間、休日、残業

診療情報管理士の勤務時間

診療情報管理士の勤務時間は、勤務先の医療機関の就業時間に準じます。

医療機関では診療開始時間が午前9時、終了時間が午後5時のところが多く、その場合就業開始は午前8時半から午後5時15分ほどが一般的です。

また、午前診療のみの日がある勤務先では、午前8時半から午後12時半での出勤もありえます。

休憩時間は午前診療と午後診療の休診の合間に1時間ほど取れることが多いようです。

事務職であるため、医師や看護師とは違い夜勤シフトはありません。医療機関内の職種の中では、手のかかる年頃の子どもがいる人が続けやすい職種といえます。

診療情報管理士の休日

こちらも医療機関の開院日に準じますが、基本的には土日祝日をしっかりと休める職場が多いようです。

年間休日数は、夏期休暇や年末休暇を合わせると115日〜120日が平均的です。

診療情報管理士は契約社員・正社員での募集が多いため、有給休暇が付与されるのが一般的です。

有給休暇日数や消化のしやすさは職場によりますが、数人体制で診療情報管理をしている職場であれば有給消化を申し出やすいでしょう。

土曜日のみ午前診療がある職場では、午前中のみ土曜出勤がある場合があります。その場合は別の日に振替半休を取得するなどして対応します。

診療情報管理士の残業時間

診療情報管理士のプラス面として、残業の少なさを挙げる人が多いです。

緊急性のある業務が少ないため、残業してまで仕事をこなすよりは、就業時間内でしっかり頼まれた仕事をすることが望まれるためです。

この点でも、仕事と家庭を両立したい人には向いている仕事といえます。

残業が発生するにしても、月に5〜15時間程度のところが多いため、私生活に支障をきたすほど働き詰めになることは少ないようです。

給与の安さがマイナス面として挙げられる診療情報管理士ですが、残業が少ない仕事を希望する人にとっては、プラス面とマイナス面のバランスがとれた職業かもしれません。