バレーボールの審判になるには

審判で生活はできない

日本のバレーボールの審判員で、審判として生活している人はいません。

プレミアリーグや国際試合の審判をしても、報酬はだいたい一日数千円。交通費やお弁当も出るところが多いようですが、アルバイト代ほどにしかなりません。

しかも、試合はほとんどが週末に限られ、とても本職にすることはできません。

審判の資格は6種類

プレミアリーグを始め、国内の各種大会で審判員を務めるためには、公益財団法人「日本バレーボール協会」の公認資格を取得する必要があります。

公認資格には、「名誉審判員」、「A級審判員」、「A級候補審判員」、「B級審判員」、「C級審判員」、「レフェリーインストラクター」の6種類あります。

「C級審判員」は、小学生から高校生までの試合で審判ができます。「B級審判員」は小学生から大学生まで。そして、「A級審判員」は小学生からVリーグまでの試合で審判ができます。

国際バレーボール連盟公認の「公認審判員」となると、アジア大会や世界選手権、オリンピックで審判ができます。

資格の取得方法

「C級審判員」は、都道府県協会単位で実施される講習会を受講し、筆記試験に合格すれば取得できます。

協会によっては、筆記試験に加え、実技試験のあるところもあります。応募条件は18歳以上となっています。

「B級審判員」も、都道府県協会単位で実施される講習会を受講し、筆記試験と実技試験に合格すると取得できます。応募の年齢制限は20歳以上、40歳以下です。

「A級審判員」は、各都道府県協会の推薦を受け、日本バレーボール協会主催の講習会を受講すると、「A級審判員資格取得講習会(A級審査会)」に参加できます。

そこで「極めて優秀」と評価されれば、「A級審判員」として認定されます。

「A級審査会」で「極めて優秀」と評価されなくても、「優秀」と評価されれば「A級候補審判員」と認定されます。

「A級候補審判員」は、全国を9つに分けたブロック大会(天皇杯・皇后杯のブロック予選など)以上の試合で実績をつむと、A級審判員と認められます。

国際審判員になるには

国際バレーボール連盟の公認審判員になるには、まず、「公認審査員候補」となる必要があります。

「公認審査員候補」となるには、各ブロックから推薦されて、日本バレーボール協会が開催する「I(アイ)スクール研修会」に参加する必要があります。

そのスクールで2年以上活動し、英語力検査で合格すれば、日本バレーボール協会が国際バレーボール連盟へ推薦してくれます。

世界各国で開催されるIRCC講座を受講すると、公認審査員候補となることができます。

国際審判員候補として実績をつむと同時に、3試合以上の公式記録を提出すると、「国際審判員」と認められます。