審判のつらいこと、大変なこと、苦労

誤審ほどつらいものはない

審判にとって、最もつらいことは「誤審」です。

審判は、正しい判定をして当たり前の存在です。しかし、たった一度でも「誤審」をすれば、その審判に批判が集まります。

一度でもミスをすれば批判の対象となる。それが、審判にとって最もつらいことです。

投稿動画はいつまでも残る

とくに、プロ野球やJリーグの試合で誤審をすると、熱烈なファンから直接罵声を浴びます。さらに、試合後や後日、怒ったファンに囲まれることもあります。

最近は、ツイッターやフェイスブック、ブログなどで叩かれることもあります。また、誤審の場面をインターネットの動画サイトに投稿されることもあります。

とりわけ投稿された動画は、何年にも渡って残りますので審判にはこたえます。じっさい、インターネットの検索サイトに「誤審」と入力すると、無数の誤審動画がヒットします。

その中には、20年前、30年前の誤審も映像として残されています。

さらに、審判の子どもが、学校で「誤審しただろ」と言われたり、いじめられたりすることもあるそうです。

自分の子どもにまで危害が及ぶことは、審判にとって大変につらいことです。

誤審でも毅然とした態度を取らざるを得ない

誤審や微妙な判定の場合、審判自身も、それに気づいていることが多いそうです。しかし、判定を下してしまえば、よほどのことがない限り、判定を覆したり、取り消すことはできません。

抗議を受けて、判定を変えていたのでは、それこそ試合がコントロール不能になりかねません。

審判は、抗議に対しても、毅然とした態度を取るのが常識ですが、その態度が、不利な判定をされた監督やコーチ、選手、ファンの怒りを招くことがあります。

さらに興奮した監督やコーチ、選手、ファンから痛烈なブーイングを浴びることも、審判にとっては大変につらいことです。

ビデオやハイテク判定の導入

審判の判定に、ビデオ判定やハイテク判定が導入されつつあります。

たとえば、アメリカのアメリカンフットボールリーグ(NFL)やメジャーリーグ(MLB)では、監督が要求すると、ビデオで判定の再確認が行われています。

また、日本のプロ野球でも、本塁打の判定に限り、ビデオ判定の制度が導入されています。

サッカーの試合でも、ゴールインしたかどうかを瞬時に判定するハイテクシステムが、導入されています。

審判にとって、ビデオやハイテク判定の導入は大きなストレスです。ビデオ判定でジャッジが覆れば、試合中に、誤審をしたことが明らかになります。

誤審審判として判定をし続けることは、審判にとって苦痛で、残りの試合時間がとても長く感じられるそうです。