歯科技工士の仕事内容

歯に関するさまざまな人工物を作成する

歯科技工士は、歯科医師の指示に従って、入れ歯や差し歯、歯の矯正装置、マウスピースなどを作成する仕事です。

歯科技工士の仕事でいちばんイメージしやすいのは、歯医者さんに行った時、虫歯を削った後に入れる詰め物を作るところでしょう。

歯科医師や歯科衛生士が虫歯を削ったり入れ歯を入れる箇所の歯型を取りますが、それが歯科技工所に渡されます。歯科技工士は義歯や入れ歯といった歯科技工物を、患者さんの歯の状態に合わせて作成します。

製作する歯科技工物はさまざまですが、たとえば入れ歯やクラウンと呼ばれるかぶせもの、さらに歯列矯正などで使用される矯正装置などがあり、口の中で使われる人工物全般を取り扱っています。

誰しも経験があると思いますが、ちょっとでも歯がしみたり痛くなると敏感に感じてしまうのが人間の口の中というものです。

そんな繊細な神経の走る口内に人工物を入れて装着するわけですので、歯科技工物には最大限の精密な技術と集中力が求められます。ちょっとした加工のちがいで患者さんの快適さがガラリと変わってしまうので、大変神経を使う仕事です。

歯科技工士の資格の範囲

歯科技工士は国家資格であり、歯科医師と歯科技工士のみが歯科技工業務を行うことができるとされています。歯科医師も大学において歯科技工の教育は受けますが、専門的な技術を要求される仕事のため、歯科技工に関することは歯科技工士に依頼をします。

一方、歯科技工士は、歯科医師や歯科衛生士と異なり、患者の口内に触れることはできません。入れ歯や矯正装置などの制作は歯科技工士、制作物の装着は歯科医師という役割分担となっています。患者と触れ合う機会は歯科医師や歯科衛生士とは異なり、あまりありません。

人の身体の一部になるものを制作するため、職人的な緻密さや正確さが必要とされる仕事です。

患者さんに触れ合うことがない

歯医者さんに行くと歯科医師や歯科衛生士とコミュニケーションを取って治療をしてもらう一方、歯科技工士と触れ合う機会はほとんどありません。

そもそも歯科技工士は患者さんの口の中に触れることができないため歯科医院と歯科技工所とははっきりとそれぞれの役割が異なるところで仕事をしているといっていいでしょう。

とはいっても、一人ひとりの患者さんを思い浮かべながら緻密な仕事で歯の治療に貢献しているという誇りを大切に仕事をしています。

歯科技工士の勤務先

歯科技工士は主に下記の場所で働いています。

<歯科技工所>
約7割の歯科技工士が歯科技工所で働いています。歯科医院や病院から注文を受け、指示書を元に制作を行い、納品をします。規模は大小さまざまであり、独立して歯科技工所を開く人も数多くいます。

<歯科医院>
次に多い職場が歯科医院です。歯科医師や歯科衛生士と協力して作業を進めるので、協調性が求められます。患者と接することも多いので、やりがいを感じやすい職場です。

<病院>
病院内の歯科技工室での勤務です。待遇がいいので人気が高いですが、採用数は多くありません。病院ということもあり、歯科医院よりも先端的な技術が要求されます。

就業場所別の歯科技工士数

平成22年のデータとなりますが、就業場所別の歯科技工士数は、歯科技工所が最も多く24,271人となっています。病院・診療所は10,595人、その他は547人となります。
診療場所別の歯科技工士数22のグラフ