声優の給料・年収・待遇

多くの声優の給料は「歩合制」

声優のほとんどは、「個人事業主」として働いています。

プロダクションや事務所に所属し、「月給」として、毎月決まった給料をもらう声優もいますが、多くの声優は事務所と個人事業主としての契約を結び、事務所に手数料を支払うことで、仕事の調整や営業などの管理業務を任せています。

そういった場合、給料に関しては毎月決まった額をもらえるわけではありません。

一つの案件ごとに設定される「ギャラ」から手数料を差し引いた分の金額が、声優の給料として入ってきます。

ギャラは案件によって異なりますが、仕事がなければ当然収入はゼロとなるため、給料は不安定になりがちです。

まだ無名の新人のうちは、他の仕事(アルバイトなど)と兼業をしなければ生活していくことは難しいでしょう。

なお、事務手数料は、一般的にギャラの20%から30%程度とされています。

そこから、さらに源泉徴収分の約10%が引かれ、声優個人の手元に入るのはギャラの6割程度となります。

声優のランク付け(アニメ・外画の場合)

アニメのレギュラー番組の仕事が1本決まったとしても、残念ながら、その仕事だけでは到底暮らしていくだけの給料を稼ぐことができません。

アニメのアフレコの場合、個々の声優のキャリアによってランクが決められており、それに応じて「ギャラ」が支払われます。

たとえば、30分番組ではランクごとに1万5千円から4万5千円となっており、その上は上限なしのノーランクとなっています。洋画も同様です。

実績を重ねることでランクが上がり、案件一本あたりの単価も上がってくる仕組みになっています。

もし最低ランクである場合は、30分アニメのレギュラー番組を月に4本こなして6万円。手取りはもっと少なくなります。

また、一つのレギュラー番組を抱えているだけでは、もし突然番組が終わってしまった場合、無収入になってしまいます。

一方、世の中に広く名前が知れ渡っている一流の声優であれば、年収が1000万円を超えてくる人もいます。

しかしながら、声優として安定的に高収入を稼ぎ続けていくことは、とても大変なことです。

その他の仕事について

先に挙げた通り、アニメの仕事の場合はランクに応じたギャラ設定となりますが、テレビ番組やCMのナレーションの仕事では出演料の規定がないため、高収入を得ることも可能です。

だいたい、1本につき5万円から6万円程度のギャラが一般的だといわれています。

ただし、ベテランになればもっと高額のギャラ設定となることもあります。

とはいえ、実際に声優としてデビューしたとしても、アニメのレギュラー番組を1本もらうことすら簡単ではありません。

駆け出しのうちは他のアルバイトをして生計を立てつつ、地道に小さな仕事をもらいながら経験を積んでいく人も多いようです。

待遇について

個人事業主として活動する声優は、自営業の人と同じような立場になります。

そのため、企業に所属する会社員とは異なり、雇用保険や厚生年金などは適用されませんし、会社の有給やボーナスもありません。

社会保険など、さまざまな手続きを自分で行う必要があります。