このサイトはゲームクリエイターを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「ゲームクリエイター」

仕事内容
ゲームクリエイターとは、ゲーム作品制作の現場において、とくにプロデューサー、ディレクター、プランナーなど、いわゆる「企画職」として働く人のことをいいます。ゲーム作品はさまざまな役割を持った人の共同作業で作られていますが、ゲームクリエイターは制作にかかる予算やスケジュールを管理したり、ゲームのシナリオを考えたり、デザインや音楽を作ったりして、システムやプログラムを構築するゲームプログラマーと一緒に作業を進めます。
なるには
ゲームクリエイターの多くは、ゲームメーカーもしくはゲームソフト開発会社で活躍しています。そのため専門学校や大学卒業後、これらの会社の就職試験を受けて、社員として採用されるのが、なるための最も一般的なルートといえるでしょう。そのほか、公募のゲームコンテストに自分の作品を出品して入賞することでデビューする人もいますし、ゲームメーカーに企画や作品を持ち込んで認めてもらえれば、アルバイトからでも雇ってもらえる可能性はあります。
給料
ゲームメーカーやゲーム開発会社は大手から中小零細まで規模がさまざまであり、大手になればなるほど給料や待遇面は恵まれているようです。平均年収は300万円~600万円程度が相場ですが、トップクリエイターになれば、年収1000万円以上を稼ぐことも夢ではありません。仕事柄、納期前には残業や休日出勤も増えがちなだけに、心身ともに健康で働き続けられるよう、できるだけ福利厚生や休暇制度などがきちんと整っている会社を選ぶことが大切といえるでしょう。
将来性
娯楽の多様化によって家庭用ゲーム機用ソフトの売上は減少が続いていますが、スマートフォンなど新たなデバイスを使ったゲームの需要は膨れ上がり、ゲームクリエイターには新しい活躍の場が生まれています。ゲーム業界ではセンスや技術はもちろんですが、何より人々のニーズを掴む力が求められます。流行は変化し続けていくため、世の中の動きに敏感になって自分の嗅覚を研ぎ澄ませたり、発想力や創造力を高めていくことができれば、どのような時代においても活躍できるでしょう。

仕事体験談