「ゲームクリエイター」とは

ゲームクリエイター_画像

ゲーム制作の現場において、作品の企画立案や制作進行、スケジュール管理などに携わる。

ゲームクリエイターとは、大勢の人の共同作業で進めるゲーム制作現場の中でも、主に企画職(プランナー、ディレクター、プロデューサーなど)として働く人のことを言います。

また、デザイナーやプログラマーも含めたゲーム制作全般に携わる人を呼ぶこともあります。

ゲームを作る際には、まずアイディアから市場調査をした上で企画を作り、システムやストーリーを考え、プログラムや音楽を埋め込む…といったように膨大な作業があり、一つの作品完成まで数年かかることもあります。

ヒット作を生み出すためにはセンスを磨き、世の中のニーズを掴む先見性などが求められます。

また、納期直前には徹夜作業が発生することもあるため、最後まで責任を持ってやり遂げる姿勢も不可欠です。

「ゲームクリエイター」の仕事紹介

ゲームクリエイターの仕事内容

ゲームの企画・開発に最前線で携わっていく

ゲームクリエイターとは、ゲーム作品制作に携わる人全般を指しますが、とくに「企画職」に就く人を総称した呼び方となっています。

ゲームクリエイターの職種を細かく見ていくと、制作にかかる予算やスケジュール、人員を管理する「プロデューサー」や、現場監督としてスタッフに指示を出す「ディレクター」、新しいゲーム作品のアイデアを出す「プランナー」などがいます。

このほか、グラフィックデザイナー、プログラマー、シナリオライター、サウンドクリエイターなど、さまざまな専門知識・技術を持つスタッフが分業して、ひとつのゲーム作品を作り上げていきます。

ゲームクリエイターの就職先・活躍の場

ゲームメーカーやゲーム開発会社が中心

ゲームクリエイターのおもな就職先は、ゲームメーカーもしくはゲームソフト開発会社となります。

簡単にいうと、ゲームメーカーは「自社でゲームを企画・開発、販売する」会社で、一方の開発会社は「ゲームメーカーからの発注を受けて制作する」のが一般的な形です。

大手企業が中心となっているゲームメーカーに対して、開発会社は比較的小規模の会社が多いことが特徴です。

また、ゲーム制作の工程においても「企画のみ」「グラフィックのみ」といった形で、一部分を専門とする開発会社もあります。

ゲームクリエイターの1日

時期によって忙しさに波が出やすい

ゲームクリエイターの1日の流れは、勤務先や人によって異なるほか、その時期の案件量や忙しさによっても変わってきます。

ここでは、ゲームメーカーで働くゲームクリエイターのある1日を紹介します。

8:00 起床
朝食を食べながら情報番組を見たり、ネットニュースを読みます。

09:45 出社
お客さまと会う職種でない限り、通勤時の服装は自由です。

10:00 企画会議
新しいゲーム作品の企画会議に参加します。

12:00 ランチ
人によって1日のスケジュールが異なるため、ランチの時間は自由です。

13:00 キャラクターデザイン
現在進行中のプロジェクトのキャラクターを描いていきます。

16:00 ミーティング
プログラマーとミーティングを行い、すでに完成したプログラムに細かな修正を入れてもらいます。

19:00 デザイン作業
納期が近いデザイン作業をできるだけ前倒しで進めていきます。

21:00 退社
納期直前になると深夜まで働くこともあるため、余裕のある日はできるだけ早く帰ります。

ゲームクリエイターになるには

ゲームメーカーやゲームソフト開発会社へ就職する

ゲームクリエイターの多くは、ゲームメーカーもしくはゲームソフト開発会社で活躍しています。

そのため専門学校や大学卒業後、これらの会社の就職試験を受けて、社員として採用されるのが、この仕事に就くための最も一般的なルートといえます。

このほか、公募のゲームコンテストに自分の作品を出品して入賞することでデビューしたり、ゲームメーカーに企画や作品を持ち込んで認めてもらうことでゲームクリエイターになるような人もいます。

ゲームクリエイターの学校・学費

企業や目指す職種によって必要な学歴は異なる

ゲームクリエイターは、「専門学校卒以上」の学歴が求められるケースが一般的です。

プログラマーやグラフィックデザイナーなどの「開発職」では、大卒の学歴が求められるケースはあまり多くなく、ゲーム専門学校でプログラミングやデザインのスキルを身につけて就職する人が多くなっています。

一方、プランナーやディレクターなどの「企画職」を目指す場合は、「大学卒業」の人のほうが有利になることがあり、大手企業の中には大卒であることを条件とするところもあります。

ゲームクリエイターの資格・試験の難易度

職種によっては専門性をアピールできる資格がある

ゲームクリエイターは、なるために絶対に必要とされる資格がありません。

各ゲームメーカーや開発会社の採用基準を満たしていれば、誰でも社員採用試験を受験することが可能であり、業務上必要な知識やスキルは、就職後に業務を通じて身につけていくのが一般的です。

ただし、プログラマーやグラフィックデザイナー、サウンドクリエイターなど、職種によっては早くから専門性を求められることもあります。

このような仕事に関連する資格としては「CGクリエイター検定」「CGエンジニア検定」「基本情報技術者試験」「画像処理検定」など、さまざまなものがあります。

資格があれば必ず就職できるわけではありませんが、自分のスキル確認やスキルアップ、就職先の選択肢を広げるために、積極的に取得を目指してみてもよいでしょう。

ゲームクリエイターの給料・年収

企業の規模や個々の実力で収入に違いが出る

ゲームメーカーやゲーム開発会社は大手から中小零細企業まで規模がさまざまであり、大手になればなるほど給料や待遇面は恵まれているようです。

平均年収は300万円~600万円程度が相場ですが、実力次第で昇進や活躍の場を広げることができ、トップクリエイターになれば年収1000万円以上を稼ぐことも夢ではありません。

ただし、仕事柄、納期前には残業や休日出勤が増えることがあります。

残業代の支給状況を確認しておくほか、心身ともに健康で働き続けられるよう、できるだけ福利厚生や休暇制度などがきちんと整っている会社を選ぶことが大切といえるでしょう。

ゲームクリエイターのやりがい、楽しさ

自分が関わった作品が世の中に出ていくこと

ゲームクリエイターが最もやりがいを感じられるのは、自分が関わった作品が見事完成し、世の中に出ていくことだといえるでしょう。

その作品を街の広告などで目にしたり、実際にお店に並んでいるのを見た瞬間は、計り知れないほどの達成感を味わえます。

さらに、その作品がヒットし、たくさんの人が楽しんで遊んでくれていることがわかれば、クリエイターにとってそれ以上の喜びはありません。

実力がつけば大きな作品にも携われるようになり、新しいことに挑戦するやりがいや面白さも感じられるようになります。

ゲームクリエイターのつらいこと、大変なこと

多忙で、残業や休日出勤が増えることもある

ゲーム制作の現場は、ただ楽しいだけでなく、過酷な環境となることもあります。

たとえば、制作の途中で「バグ」と呼ばれる不具合が発生したり、ゲームの内容をガラッと変える必要が出てきたりすると、急な残業によって対応せざるを得ないことがあります。

ゲーム制作は事前に決められたスケジュール通りに、たくさんのスタッフが協力しながら各工程の作業を進行させていきます。

もし自分の仕事が遅れれば他のスタッフに迷惑をかけてしまうため、ときに夜遅くまで働いたり、休日返上で頑張らなくてはならなかったりすることも出てきやすい仕事です。

ゲームクリエイターに向いている人・適性

感性を磨き上げ、独創的かつ面白いアイデアを出せる人

ゲームクリエイターに、センスは欠かせません。独自の感性を持っていることはもちろんですが、多くの人に受け入れてもらえるものを生み出す必要があります。

普段から芸術やアートに興味を持っていたリ、アンテナを張って流行のものにまで広く興味を持てるような人が、この仕事には向いているといえます。

そのうえで想像力を働かせて、「自分ならこういう風に作る」といったアイデアを頭の中でいつも巡らせられるような人は、まさにクリエイター気質だといえるでしょう。

ゲームクリエイター志望動機・目指すきっかけ

ゲームの「作り手」になりたいという思い

ゲームクリエイターを志す人は、誰でもゲームが大好きであるはずです。

しかし、ゲームクリエイターを志望するうえで大切なのは、いちユーザーとしてだけではなく、ゲームの「作り手」になりたいと思った理由やきっかけを明確にすることです。

また、この仕事は「アイデアを出して創造する」仕事であるため、どこかで見たようなありきたりの志望動機よりも、オリジナリティあふれる内容のほうが好まれることもあるでしょう。

自分の心としっかり向き合って考えることが大切です。

ゲームクリエイターの雇用形態・働き方

アルバイトからのキャリアアップや、フリーになる道も

ゲームクリエイターは、ゲームメーカーやゲーム開発会社で正社員や契約社員、アルバイトなどの形態で働く人が多いです。

大手ゲームメーカーへの就職は簡単ではありませんが、まずはアルバイトとして業界に入り込み実績を残していくことで、正社員登用を目指すチャンスが得らることがあります。

一方、独立してフリーランスとして働く人もいます。

ただし、フリーランスとして働くゲームクリエイターの多くは、それまで大手ゲームメーカーでプランナーやディレクターを務めた経験があったり、プログラマーとして高い技術力を持っていることが多いようです。

ゲームクリエイターの勤務時間・休日・生活

フレキシブルな勤務時間の会社も多い

ゲーム制作の現場は忙しい時期とそうでない時期の差が激しかったり、おのおのの担当する業務内容が異なるため、ゲームメーカーやゲーム開発会社では「フレックスタイム制」や「裁量労働制」をとるケースが多く見られます。

これらは、会社が決めた時間に出勤していれば出社や退社時間は個々の自由であったり、仕事の状況に応じて勤務時間を調整しやすいという特徴があります。

普段はきちんと休むことができますが、制作が滞っていたり納期直前になったりすると、休日出勤や残業時間も増える可能性があります。

ゲームクリエイターの求人・就職状況・需要

職種別採用されることが多い

企画もプログラムもデザインも一人の担当者が行うような一部の会社を除いて、ゲーム制作の現場では、おのおのの専門知識を生かした「分業制」が敷かれていることが大半です。

採用募集に関しては、はじめから「企画職(ディレクター・プランナーなど)」と「開発職(プログラマー・エンジニアなど)」で分かれていることもあれば、「総合職」といった形で一括採用し、適性や能力などに応じて配属が決まる会社もあります。

最初から企画に携わるのではなく、まずプログラマーとして経験を積み、次第に自分のアイデアを生かしてプランニングの仕事も手掛けるといった場合もあります。

大手企業では定期的な採用活動が行われる傾向にありますが、中小企業は人員不足の際に募集がかけられるほうが多いようです。

ゲームクリエイターの転職状況・未経験採用

目指す職種によって求められるスキルは異なる

ゲームクリエイターは、その仕事に就くために特別な学歴や資格が求められることはそこまで多くありません。

それよりも、ゲームに対する思い入れやセンス、感性、世の中のニーズを捉える力などが重視されており、別の職業から経験ゼロの状態で、ゲームクリエイターへと転職をすることも可能だといえます。

ただし、職種によって求められる知識や技術は異なり、たとえばプログラマー志望であればプログラミングのスキルを持っておくに越したことはありません。

未経験者の場合は年齢が若く、また独学でも何らかの形でゲーム作品を作ったことがある人のほうが優遇される傾向にあります。

ゲームクリエイターの現状と将来性・今後の見通し

新たなゲームのニーズがあり、活躍の場も広がりを見せる

娯楽の多様化によって家庭用ゲーム機用ソフトの売上は減少が続いていますが、スマートフォンなど新たなデバイスを使ったゲームの需要は膨れ上がり、ゲームクリエイターには新しい活躍の場が生まれています。

流れの速いゲーム業界ではセンスや技術はもちろんですが、何より人々のニーズを掴む力が求められます。

流行は変化し続けていくため、世の中の動きに敏感になって自分の嗅覚を研ぎ澄ませたり、発想力や創造力を高めていくことができれば、どのような時代においても活躍できるでしょう。