産業カウンセラーの需要と求人、採用募集状況

人事部や総務部の求人

産業カウンセラーの資格を取得している人は、どのような就職先があるのでしょうか。

まず、ひとつは企業や医療機関などの人事部、総務部です。

組織にとっては、社員がうつ病や出社拒否になってしまったり、セクハラやパワハラが起きてしまったりすることは大きな問題です。

そこで、社内に専門的な知識がある人を置くために、産業カウンセラーの資格取得者を募集することがあります。

ただし、こうした組織では新たに産業カウンセラーを雇うよりも社内で実践経験を積んだベテラン社員に産業カウンセラーの資格を取得させるケースも多いので、求人の数としてはそれほど多いわけではないようです。

職業安定所や人材コンサルタント企業の求人も

また、人材コンサルタントを専門に行っているような企業でも、産業カウンセラーの資格を取得している人を募集することがあります。

名称は「産業カウンセラー」とは限らず「キャリアアドバイザー」や「キャリアコンサルタント」「リクルーティングアドバイザー」などさまざまで、社員の研修プログラムを提案したり、キャリア開発に関してアドバイスをしたりするのが仕事です。

他にも、職業安定所のような公的な機関で、就職を探している人の相談にのる「求職者専門相談員」として募集することもあります。

産業カウンセラーの採用募集状況

このように産業カウンセラーの資格を生かせる職場というのはさまざまですが、求人の数としてはそれほど多いわけではないというのが実情のようです。

国家資格ではないということもあり、「資格を取得すれば必ず就職に結びつく」「安定した収入が得られる」というわけではないので、産業カウンセラーの資格をどのような形で仕事に生かしていくのかをよく検討してから就職活動をしたほうがよいでしょう。

もちろん、独立開業して自分の力だけで道を切り開いていくという選択肢もあるので、将来のビジョンをしっかり描いて就職先を探すことが大切です。