臨床工学技士の仕事内容

医療機器のスペシャリスト 臨床工学技士の仕事は、医師の指示を受け、生命維持管理装置の操作を行ったり、それらの機器の保守点検を行うことです。 一般的に「CE(ClinicalEngineer)」または「ME(Medical … 続きを読む

臨床工学技士の役割

臨床工学技士の業務を含め、大まかな役割としては、 1.医療機器の安全性・有効性の確保 2.適正医療の普及 3.機器管理体制の確立 4.医療技術の発展 5.医療費の抑制 の5項目が挙げられます。 1.医療機器の安全性・有効 … 続きを読む

臨床工学技士の魅力

最先端の医療機器に触れられる 臨床工学技士の魅力のひとつは、医療という専門的な領域において、さまざまな機械に触れることができるということです。 病院に勤める多種な職種のなかで、臨床工学技士ほど大小の医療機器の操作や補助な … 続きを読む

臨床工学技士の1日

臨床工学技士の1日の流れは勤務先によって異なりますが、ここでは代表的な活躍の場である総合病院勤務の場合を例に挙げて、紹介していきます。 総合病院勤務の臨床工学技士の1日の流れ 08:30 朝礼 出勤後、朝礼を行います。こ … 続きを読む

臨床工学技士の就職先、活躍の場

病院 臨床工学技士のおもな就職先として、病院やクリニックが挙げられます。 病院といっても種類はさまざまあり、臨床工学技士は「国立病院(国家公務員)」「地方病院(地方公務員)」「大学病院(国家公務員又は準公務員)」「民間病 … 続きを読む

臨床工学技士のやりがい

患者さまの命を守る 臨床工学技士は患者さんの命に対して責任を負っています。 臨床工学技士の主な役割は医療機器の安全管理や操作であり、少しのミスが命に関わることもあります。 緊張感がありますが、その分、命を救う一助となるこ … 続きを読む

臨床工学技士のつらいこと、大変なこと、苦労

自分で道を切り開く 臨床工学技士が現場に出て働くうえで大変なことのひとつとして、「認知度の低さ」が挙げられます。 就職した施設に先輩技士がいればまだ良いですが、臨床工学技士は比較的新しい職業であるため、初めての採用という … 続きを読む

臨床工学技士の現状と将来性

臨床工学技士へのニーズが高まる 医療業界においてはまだ臨床工学技士という資格は浸透するには至っていないかもしれません。 しかし、病院など臨床の現場では、臨床工学技士への業務のニーズは高まりつつあります。 医療機器が毎日の … 続きを読む

臨床工学技士と臨床検査技師の違い

「臨床工学技士」と「臨床検査技師」。どちらも医療現場で活躍できる似た名前の職業ですが、仕事内容や役割には大きな違いがあります。 ここでは、両者の違いについて紹介します。 臨床検査技師とは 臨床検査技師は、病院などの医療機 … 続きを読む

臨床工学技士と医療事故

医療事故とは何か 日々、新聞やニュース番組に目を通していると、しばしば「医療事故」というテーマが大きな問題として取り上げられることがあります。 医療事故とは、医療現場において発生する人身事故のことをいいます。 もっとわか … 続きを読む