臨床工学技士の1日

臨床工学技士の1日の流れは勤務先によって異なりますが、ここでは代表的な活躍の場である総合病院勤務の場合を例に挙げて、紹介していきます。

総合病院勤務の臨床工学技士の1日の流れ

08:30 朝礼

出勤後、朝礼を行います。ここで、他のスタッフと一緒に昨夜の院内で起こったことの報告や、その日に行う業務の確認をします。

09:00 病棟巡回

病棟を巡回して、各病棟師長から業務についての意見や患者さんからの要望などを伝えてもらいます。

09:30 回路交換

病棟での人工呼吸器の回路交換を行います。日によって件数は違いますが、平均8〜9件の回路交換が発生します。

10:30 オペ室勤務

オペ室で心臓カテーテル業務の補助業務を担当。患者様の搬送や手術時の器械出しなどを行います。

12:00 昼休み

昼休憩に入ります。実際は忙しく、30分ぐらいしか取れないこともありますが、ここでは1時間取れたと仮定します。

13:00 病棟巡回業務

ICU室の人工呼吸器の使用中点検や、患者さんの容体観察を行います。

14:30 医療機器の点検

病棟で使用された輸液ポンプやシリンジポンプなどME室へ返却された機械の操作点検・掃除・修理など。

16:00 会議

院内では月の半分は会議が行われており、各病棟でのインシデント(アクシデントにつながりかねないミス)やアクシデントの報告を聞きます。

17:15 勤務終了

日報を書いたり、夜勤がある職場では引き継ぎのために報告書を作成したりします。

残業は?

職場にもよりますが、24時間体制で患者さんを受け入れる病院では、どうしても残業することが多くなりがちです。

救急で患者さんが運ばれたり、緊急手術などが入ったりすると、日勤であっても数時間ほど延長して働かなくてはならないこともあります。

また、急患などにより帰宅後に呼び出されることもあります。