プロダクトデザイナーになるには

大学・専門学校で学ぶ

プロダクトデザイナーになるには、芸術的なセンスやプロダクトデザインについての専門的な知識や技術を学ぶ必要があるため、まずは大学や専門学校に通う人が多いでしょう。

プロダクトデザイン学科が設置されている大学や、プロダクトデザインを専攻できる芸術大学や美術大学などがあります。

芸術学部、美術学部、工学部、造形学部といった学部を中心に、学部や学科の名称はさまざま存在します。

国立大学では、東京藝術大学(美術学部/デザイン科)、千葉大学(工学部/デザイン学科)、筑波大学(芸術専門学群/デザイン専攻)などが有名です。

私立大学では、多摩美術大学(美術学部/生産デザイン学科)、武蔵野美術大学(造形学部/工芸工業デザイン学科)、東京造形大学(造形学部/デザイン学科)、日本大学(藝術学部/デザイン学科)などが知られています。

専門学校では、桑沢デザイン研究所(総合デザイン科/デザイン専攻科)が有名です。

就職する

大学や専門学校でプロダクトデザインを学んだあとは、メーカー(企業)やプロダクトデザイン事務所(制作会社)などに就職する人が多いでしょう。

メーカー(企業)に勤務する人は「インハウスデザイナー」(企業内デザイナー)、プロダクトデザイン事務所(制作会社)に勤務する人は「制作会社デザイナー」と呼ばれることもあります。

独立する人もいる

メーカーやデザイン事務所に就職したあと、そのまま勤務を継続し、プロダクトデザイナーとして活躍する人もたくさんいます。

またプロダクトデザイナーとして経験を積んだのち、独立してフリーランス事務所を運営する人もいるでしょう。

ただし独立してから順調に業務を継続するためには、デザイナーとしてのじゅうぶんな実力やプレゼンテーション能力、経営力、人脈などが必要です。

プロダクトデザイナーはクリエイティブ職のなかでも人気が高く、競合他社も多数存在します。

独立する場合は、事前にしっかり自らの能力を見極めておくことが必要です。