日本語教師の資格、免許

絶対に必要とされる資格や免許はない

外国人に日本語を教えるための国家資格や免許はありません。

国内の日本語学校やスクールで留学生に教えたり、海外で現地の子どもたちに教えるなど、日本語教師の活躍の場は国内外にあります。

日本語教師は海外での需要も大きく、「日本人」というだけで日本語教師として採用されることがあるようです。

日本でボランティアとして活躍する場合も、とく日本語を教えるための必須資格はありません。

日本語教師として働くために一般的に求められる条件

一般的に、日本語教育機関で採用される条件として、下記のことが挙げられます。

1.大学(短期大学を除く)において、日本語教育に関する主専攻(日本語教育科目45単位以上)を修了し、卒業した者
2.大学(短期大学を除く)において、日本語教育に関する科目を26単位以上取得し、卒業した者(副専攻)
3.日本語教育能力検定試験に合格した者
4.四年制大学卒業者で日本語教師養成講座420時間を修了している者や日本語教育に関して専門的知識・能力を有している者

日本語教師になるには
日本語能力検定試験の難易度・合格率

1.大学の主専攻で学ぶ、2.副専攻で学ぶ

大学の日本語学科や日本語教育学科などでは、日本語教師を養成するための科目が設置されています。

将来、日本語教師として高等機関で働きたい人や海外で働きたい人であれば、大学で専門分野をしっかりと学ぶことは大事です。

大学によってカリキュラムが異なり、なかには実地で指導する経験があまり積めないこともあるようです。

そういった場合は、学生時代に積極的に日本語教師のボランティア活動をして教育経験をつけておくとよいでしょう。

3.日本語教育能力検定試験に合格する

「日本語教育能力検定試験」は、「財団法人日本国際教育支援協会」が実施して、「社団法人日本語教育学会」が認定する検定試験です。

一年に1回開催され、日本語に関する知識や日本語教育に関する知識(3領域5区分)が幅広く出題されます。

この検定試験に合格すると、民間の日本語学校やスクールに採用される可能性が高まるため、日本語教師になるための目標として頑張っている人が多いようです。

4.日本語教師養成講座420時間コースを修了する

民間の日本語学校やスクールでは、応募条件に「日本語教師養成講座420時間修了」と提示されることが多々あります。

このコースでは、日本語の知識や教え方の基礎的なことを学びます。

社会人や主婦など幅広い年齢層の人たちが学んでおり、通学制だけでなく、Webやテキストを利用して自宅で学べる通信制の講座も用意されています。

なかにはこのコースを修了した後、本格的に専門分野を研究するために大学に進学する人もいます。

仕事体験談