日本語教師になるための学校(専門学校、大学、大学院)

どんな学校に通うべき?

日本語教師は、公立学校の教員のように「免許」が必要な職業ではありません。

しかし、国内の多くの日本語学校において、以下の3つの条件のいずれかを満たすことが求められています。

1.四年制大学において、日本語教育を主専攻または副専攻にて修了する
2.財団法人日本語教育振興会が実施する「日本語教育能力検定試験」に合格する
3.民間が主催する420時間以上の日本語教員養成講座を修了する

この内容を踏まえたうえで、日本語教師を目指す人が、いったいどのような種類の学校に通えばいいのかについて見ていきましょう。

専門学校はたくさんある

「日本語教育能力検定試験」は、独学で勉強することは不可能ではありません。

しかし、この試験は出題範囲が非常に幅広く、合格率も例年20%程度とそこまで高いわけではないため、多くの人が専門学校に通って勉強をしています。

また「420時間以上の日本語教員養成講座」も、いくつもの専門学校が対象となる講座を開講しています。

なお、日本語教育能力検定試験と日本語教師養成講座のどちらを選ぶか悩む人も多いようです。

日本語教育能力検定試験の勉強は、あくまでも「ペーパーテストに合格するため」のものになりますが、日本語教師養成講座では、実技も含めて実際の教え方をみっちりと学んでいくことになります。

養成講座を修了するほうが、教師としてのスキルが備わっていると判断されることが多いようです。

もちろん、養成講座を修了して、さらに日本語教育能力検定試験に合格すれば、かなりのアピール材料となるでしょう。

大学で日本語教育を専攻する

大学で日本語教育に関する専攻を修了し、日本語教師を目指す道もあります。

日本語教育専攻は、文学部や人文学部、教育学部に置かれていることが多いようです。

日本語学校によっては「四年制大学卒以上」の学歴を採用条件に加えているところもあるため、大学を卒業していれば就職先の選択肢は広がるでしょう。

また、4年間という長い時間をかけてアカデミックに日本語について基礎から学んでいけることも大学の強みです。

大学院へ進学して専門性を深める

大学を卒業後、さらに大学院へ進んで日本語の研究を進めていく道も考えられます。

民間の日本語学校では大学院までの学歴が求められることはほぼありませんが、大学の留学生に教えたいのであれば、専門領域が日本語教育や日本語学、言語学であることや、大学院修士課程以上を修了していることが条件に掲げられることも多いです。

修了後の進路としては、大学の留学生センター、国際交流センター、インターナショナルスクール、また海外の大学や日本語学校なども選択肢に入ってきます。

仕事体験談