ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークシステムの設計・構築、運用管理を行う

ネットワークエンジニアは、ネットワークインフラのシステム設計・構築や運用管理をする仕事です。

オフィスなど複数の人たちがコンピュータを利用する場において、個々のコンピュータをスイッチやルータなどの機器に接続し、コンピュータによるデータを快適に送受信できるためのネットワークシステムを作ることが主な役割です。

ネットワークエンジニアは、お客さまの求めることを聞き出したうえで、そのネットワークシステムの設計や構築から運用までを担います。

コンピュータを使うことが当たり前になっている現代社会では、快適なネットワーク環境は、社会インフラのひとつとして不可欠なものとなっています。

使いやすいネットワークを作り、その日常的な運用やトラブル発生時の対応まで専門的に携わるのが、ネットワークエンジニアです。

なお、システムを作るにあたっては必ずコストがかかるため、予算と効果のバランスがとれたシステムを考えていくことが大切です。

具体的な仕事の種類

ネットワークエンジニアの仕事は、「設計」「構築」「運用」「保守」の4つに分けることができます。

設計は、どのようなネットワークシステムを構築していくのかを考えて計画していくこと。構築は、設計内容に基づいて、実際にネットワークを作り上げていくことです。

そして、構築が終わった後にもネットワークエンジニアが活躍します。

運用では、ネットワークの変更や増設のニーズなどに対応します。また、もし機器に障害が発生した場合などに適切な対応を行うことを保守といいます。

人によって携わる範囲はさまざま

ネットワークエンジニアといっても、人によって、あるいは会社によって、どのような仕事の範囲を担当するかは異なります。

とくに、ネットワークの設計をするにあたっては、ネットワークインフラ整備に関する幅広い知識が求められます。

お客さまと直接やりとりをして提案する機会が多く、ヒアリング力やプレゼンテーション力、コスト意識なども求められるため、経験豊富なエンジニアが携わるのが一般的です。

このような設計や提案の仕事に携わる人は、会社によっては「SE(システムエンジニア)」と呼ばれます。

基本的には、未経験者や経験の浅い人はネットワークの運用から行い、その後、構築などの業務にも携わるようになって、さらなるステップアップとして人によっては設計まで行うようになるということが多いようです。

なお、これらの作業は通常、一人ではなく複数のエンジニアがチームを組んで行います。