ネットワークエンジニアの給料・年収

ネットワークエンジニアの平均年収

ネットワークエンジニアの年収は300万円~600万円程度といわれており、人によってだいぶ差があります。

実力が重視される仕事であるため、経験を積んでいけば大きく収入を伸ばすことも可能です。

場合によっては、派遣社員や契約社員であっても、正社員以上に高い収入を得ている人もいるようです。

また、仕事に関連するIT系の資格を取得するたびに、昇進につながっていったり、手当を加算したりする会社もよくあります。

なかでもCisco Systems社の認定資格のうち、とくに難しい資格を取得することで、年収1000万円ほどを安定して得ている人もいるようです。

ただし、ネットワークエンジニアが働く会社の規模はさまざまであるため、勤務先によっても年収はだいぶ違いが出ているといえるでしょう。

残業代の支給はあるか

専門性を要するネットワークエンジニアの仕事は、スキルを身につけることで高い収入を得ることも可能な仕事です。

しかし、注意しておきたいのは残業に関してです。IT業界全般にいえることですが、ネットワークエンジニアは忙しく働いていることが多く、月に100時間を超えるような残業が当たり前という会社もあるようです。

いくら給料が良かったとしても、サービス残業になってしまっている場合、労働時間に対して支給額が見合わないというケースもあるかもしれません。

そうなれば、せっかくやりがいが持てる仕事であっても精神的な負担は変わってきます。

そのほか、ボーナスの支給有無なども会社によって異なるため、就職先を探す際は、手当の内容に関してもよく確認しておく必要があるといえるでしょう。

独立して高収入を得る人も

ネットワークエンジニアは会社員として働く以外にも、フリーランスとして生計を立てている人も少なくありません。

実力最重視の世界であるため、キャリアを積み上げてスキルがあるとみなされれば、会社の肩書に左右されずに力を発揮することができるのは、この仕事ならではといえます。

ただし、フリーランスになれば健康保険や年金は基本的にすべて自己負担となりますし、もし体調を崩して仕事ができなくなればクライアントの信頼を失ってしまうばかりでなく、収入も一気になくなります。

そのリスクを背負って挑戦するか、安定した会社員としての働き方を選ぶかは、人によって考え方が異なります。