ネットワークエンジニアの就職・採用募集状況

需要は安定している

ネットワークのスペシャリストとして活躍するネットワークエンジニアの需要は、IT業界の中でも安定しているといえるでしょう。

まだまだ人材不足ともいわれるほどで、これからこの仕事を目指す人にとってもチャンスは存分にあります。

ただし、ネットワークエンジニアといっても、仕事内容は多岐にわたります。

たとえば、設計や構築といった上流工程の仕事から、運用や保守といった下流工程の仕事、さらには技術者でありながらお客さまへ提案を行う営業的な仕事もあり、それぞれ必要なスキルや知識は少しずつ異なります。

未経験や新卒で入社する場合、ほとんどは下流工程の仕事からスタートします。

設計や構築に比べると地味といえるような作業も多くありますが、ステップアップするための下積み期間としてしっかりと基礎を身につける気持ちで努力することが大切です。

需要の大きさとしては、運用や保守に携わるネットワークエンジニアと、経験豊富でお客さまのニーズを捉えた提案ができるネットワークエンジニア。この2つのタイプの人を求めている企業が多いようです。

就職先を探す際に気を付けたいこと

IT業界のエンジニアは未経験からでもスタートできますが、有資格者が優先的に採用される傾向があることは確かです。

ネットワークエンジニアの場合、認知度の高いCCNAなどの資格を取得していれば、就職先の選択肢は広がりますし、強みにもなるでしょう。

なお、ネットワークエンジニアを募集する企業は大手から中小企業まで多々あり、会社によってだいぶ労働環境が異なります。

新人教育に力を入れており、徐々に難しい案件に挑戦できる場を用意している会社もあれば、なかには募集要項に「未経験者歓迎」と書いてあっても実際にはまったく教育体制が整っておらず、雑用ばかりずっとやらせたり、身体を壊すほどの長時間残業を強いるような会社もあるようです。

エンジニアとしての可能性を広げるためには、日々自分で勉強する気持ちはもちろん大切ですが、現場で質のいい仕事に携わることも重要です。

就職先を探す際は、多くの求人があるからといって油断せず、本当に安心して働ける環境、そして自分自身の将来を見据えながら確実にスキルアップが図れる会社を選びたいものです。