ミュージシャンのやりがい

人の心を動かせる

みなさんにも、自分にとって大切な「思い出の曲」がひとつやふたつはあるのではないでしょうか。音楽とは素晴らしいもので、曲を聴くだけで気持ちが明るくなったり、ときには涙が出てきたりと、人の感情を左右するパワーがあります。

“音楽は国境を越える”といった言葉もあるように、音楽は時代も場所も問わず、人々に影響を与え続けることができるものです。そんな大きなパワーを持つ音楽を創造できるのが、ミュージシャンの仕事の大きなやりがいと言えます。

音で表現する魅力を味わえる

また、音を通して自分自身の想いを表現できるのも、この仕事のやりがいです。喜び、楽しみ、悲しみ、怒り…日常生活ではさまざまな感情が沸き起こりますが、それらの感情を言葉や態度だけではなく「音」という別の方法で表現する楽しさを感じられるのも、この仕事ならでは。

終わりのない表現の世界を、一生を通じて追究していくことができるのも、やりがいに繋がるでしょう。

人々の注目を集められる

一口に「ミュージシャン」と言ってもさまざまな活動をしている人がいます。そのため一概には言えませんが、やはりミュージシャンは「多くの人に自分の音楽を聴いてもらいたい」と考えている人が多いです。

その結果、自分の創造した音楽に共感してもらえたり「勇気が出た」といったコメントをもらえたりすることで、ミュージシャン自身も大きなやりがいを感じます。

近年は、インターネットを積極的にを使うことでミュージシャンとファンも繋がりやすくなっており、ミュージシャンはよりダイレクトな反応をもらうことができます。