メンタルトレーナーの需要、求人募集状況

スポーツ分野以外の需要もある

メンタルトレーナーは、かつてはスポーツの分野を中心に活躍する人がほとんどでした。

現在も、プロスポーツ選手やアスリートに対してのメンタルトレーニングはとても需要がありますが、最近はビジネスや教育の現場でも、メンタルトレーニングを活用するケースが増えつつあるようです。

一昔前は、「メンタルの問題を他人に話すことは恥ずかしい」と思う人が多かったようですが、時代が進むにつれて心理カウンセリングが一般的なものになり始め、積極的に「メンタル面を鍛えたい」と考える人も多くなってきています。

需要という面でいえば、メンタルトレーナーは活躍できる場がだいぶ広がっており、自分の工夫次第でさまざまな領域で力を発揮できるといえるでしょう。

メンタルトレーナーとしての求人はさほど多くない

しかし、残念ながら現在の日本ではメンタルトレーナーをはじめとする心理職の仕事は、まだ社会的に立場が確立されきっていないのが実情です。

資格取得のために大学院を出る必要がある「臨床心理士」でさえ、卒業後に就職先を見つけることは簡単ではないといわれています。

メンタルトレーナーの場合、いくつもの民間資格やメンタルトレーニングが学べるスクールが乱立しており、「自称」であれば、比較的簡単にメンタルトレーナーとして名乗ることはできてしまいます。

一般的には、やはり心理系の大学や大学院を出て、心理学についてきちんと学問として学んでいる人のほうが信頼されやすいとされます。

しかし、学術的知識だけでなく、現場での実践経験も求められる仕事であり、新規でメンタルトレーナーの募集をしている企業などはさほど多くありません。

人脈を頼りながら、すでにメンタルトレーナーとして働いている人の下で修行させてもらう、といったことも考えておいたほうがよいかもしれません。

経験を積んで独立する人も多い

メンタルトレーナーは、実力や人脈をつけると独立して働く人も多くいます。

自身で会社を立ち上げ、メンタルトレーナーとしてアスリートや経営者などのトレーニングを行ったり、講演活動やセミナー、書籍執筆などをして活動の場をどんどん広げている人も少なくありません。

いずれにしても、まず現場経験を積むためには、どうにかして働ける場を見つけることが重要になります。

メンタルトレーニングを専門的に行う企業なども少しずつは増えているため、そうした企業の人材募集を根気よく探していく必要があるでしょう。