棋士になるには

まずは奨励会へ

棋士になる道としてまず必要なのは日本将棋連盟の「奨励会」への入会です。奨励会とは棋士になるための養成リーグのようなものです。下は6級から上は三段までで構成されています。

ここで勝ち抜き昇級、昇段していきます。リーグ戦は半年単位で行われ、上位二名のみがプロ棋士となる四段に昇段することができます。26歳までに四段になれなかった場合は退会となってしまう厳しい世界です。

また、この奨励会はだれでも入会できるわけではありません。試験においてかなりの実力が求められますし、場合によってはプロ棋士の推薦も必要です。入会に際し、年齢制限もあります(途中編入の規定もあります)。

だいたい小学校の高学年から中学生あたりの時期に、奨励会に入会する人が多いようです。

例外中の例外。プロ編入への道

奨励会からではなく、棋士になった人もいます。ですがこれはかなり異例のことです。実は今までの2人しかいません。

一人は瀬川正司棋士。もともと奨励会に入会するも惜しくも棋士になることができなかったのですがその後アマチュアの大会で活躍しました。

そしてプロアマ交流戦等において、プロ棋士相手にも好成績(17勝6敗)を挙げ2005年にプロになるための嘆願書を将棋連盟に提出し、特別にプロ編入試験が認められました。

その試験としてプロ棋士等との対局で勝つことが求められましたが、結果見事合格し、プロ棋士になりました。

またおよそ70年前にあたる1944年には花村元司さんが同じくプロをしのぐ実力から、推薦され、プロ棋士相手の編入試験を受け、見事プロになった例があります。

このようにプロ編入試験を受けるまでには決まった基準もありませんし、それだけに周りを納得させるだけの圧倒的な実力と実績が必要です。

ですので、やはり棋士になるにはまず奨励会に入会することが必要といえます。