健康運動指導士向いている人、適性

運動と健康に対して深い興味を持てる人

健康運動指導士は医学的な基礎知識を生かしながら、その人に合った運動プログラムを作り、運動による健康づくりに取り組んでいきます。

そのため、身体の構造や健康、運動といったことに対する深い興味を持ち、それを突き詰めていけるような人が向いているといえます。

この仕事は、資格を取るまでも勉強すべきことがとても多いのですが、仕事をしてからも引き続き専門知識を深める必要があります。

健康づくりのための運動指導の専門家として、「人を元気にしたい!」という気持ちを持って働くことが大切です。

明るく、元気な人

健康運動指導士が接する相手は、さまざまな心身の問題を抱えています。しかし、どのような人も運動によって健康になりたいと考えるのは同じです。

相手の心身の状態を正しく把握したうえで、思いやりの気持ちを持って、丁寧に接することができる人に向いている仕事です。

もし、健康運動指導士が暗い表情をしていて元気がなかったら、指導を行う利用者さんまで元気をなくしてしまうかもしれません。

基本は、どのようなときも明るく、元気でいることが大切です。

いるだけで周りの人を元気にしてしまうような人であれば、この仕事にはとても向いているといえます。

また、最近は病院や老人福祉施設、介護保険施設で活躍する人が増えており、そのような場では高齢者と接する機会が多くなります。

動きが遅かったり、耳が遠かったりする方に対しても、根気よく向き合えるような人であることが望ましいです。

さまざまな立場の人とコミュニケーションを上手にとれる人

健康運動指導士は、医師や看護師、あるいは理学療法士や作業療法士など、さまざまな保険医療関係者と連携をとりながら仕事に臨みます。

一緒に働く仲間は、一人ひとりがプロフェッショナル。相手を尊敬しながら上手にコミュニケーションをとり、チームとして物事に取り組んでいく姿勢が欠かせません。

異なる立場の人と一緒に、目標に向かって一致団結していくのが好きという人であれば、この仕事に向いているといえます。