健康運動指導士の一日

健康運動指導士は、病院やクリニック、健康推進センター、保健所、フィットネスクラブ、学校、老人介護・保健福祉施設など、多岐にわたる場所で活躍しています。

どのような場所で働くとしても、仕事の基本となるのは利用者さん一人ひとりの心身の状態(体力や生活状況などを含む)に合わせて、安全かつ効果的な運動を提供することです。

施設で働く健康運動指導士のある1日

8:30 出勤

動きやすい制服に着替えて、その日の予定を確認。準備を整えます。

10:00 利用者さんをお迎え

利用者さんがいらっしゃたら、明るい笑顔であいさつします。

10:30 面談

新しく支援を行う利用者さんと面談を行い、生活習慣改善の必要性を伝えたり、運動指導やアドバイスを行います。

11:00 運動指導

現場に出て、以前から支援している方の運動指導を行います。事前に作成している運動プログラムに基づき、問題なく計画通りに運動ができているかなどを確認しながら進めていきます。

12:00 休憩

しっかりと昼食をとって午後の仕事に備えます。

13:00 運動プログラムの作成

一人ひとりの身体の状態や日々の生活の様子を把握したうえで、健康を維持・改善するための運動プログラムを作成していきます。医学的な知識なども必要とされます。

14:30 運動指導

楽しく運動ができるように、利用者さんとは積極的にコミュニケーションを図ります。運動を通じて達成感や充実感を得ていただくことも大切です。

16:00 面談

利用者さんとのミーティングです。身体状況や生活習慣の変化、目標に対する達成度について確認し合います。

17:00 ミーティング

リハビリ指導をする理学療法士や作業療法士など、他のスタッフと一緒にミーティングを行います。

18:30 退勤

翌日の予定を確認し、問題がなければ勤務終了です。忙しくなければ残業せずに帰ることができます。