警察官の日常訓練

日常の武道訓練が欠かせない

警察官は、ときに凶暴な犯人と対峙することがあります。

いかなる場面においても怪我することなく安全に制圧できるようになるためには、日頃から心身ともに強く鍛えていなければなりません。

警察学校では職務執行上必要な基礎体力を身に付けるための訓練が行われていますが、学校を卒業して現場に出た警察官たちも、日ごろから剣道や柔道、逮捕術などの武道訓練を行い、体力の増強に努めています。

警察官の日常訓練として代表的なものは、現場を想定した「術科訓練」です。

これは、警察本部の教養課術科に所属する警察官が各警察署や交番、駐在所に赴いて指導を行うものであり、警察官たちは柔道、剣道、逮捕術の訓練を行います。

そのほか、凶悪犯を適切に制圧するための逮捕術訓練や、けん銃訓練なども行います。

通常の勤務を行いながらの訓練は決して楽ではありませんが、このような訓練を定期的に続けておくことは、警察官にとって必須です。

機動隊の訓練は厳しい?

警察官の中でもとくに訓練が多いことで知られているのが機動隊です。

たとえば、何キロもある大きな盾を持って走る訓練や、ロープを使って高いところから降りる訓練、さらには爆弾などの爆発物処理をする訓練など、日々厳しい訓練が続きます。

機動隊は警察組織の「最後の砦」ともいわれます。

ときには危険で特殊な事態にも対応しなければならないため、現場を想定した過酷な訓練も乗り越えなくてはなりません。

スペシャリストたちの訓練

そのほか、白バイ隊や航空隊など専門的な仕事に就くことが決まれば、それらに必要な訓練が実施されます。

どの警察官にとっても、多かれ少なかれ日常的に訓練を重ねることは避けられないのです。

海外での研修も

グローバル化が進む現代においては、外国人による犯罪の増加などにより、国際感覚を身に付けた警察官が活躍できる場が増えています。

また、ITの進化によるサイバー犯罪も増加しているため、高度なITの知識を身に付けた警察官も求められています。

これらの社会変化に対応するための研修として、人によっては海外の警察機関や学校などに派遣され、語学力や法律、情報処理などの知識を身に付ける機会が得られます。