警察官の1日

交番勤務の警察官

警察学校を卒業した警察官は、まず交番に配属されて勤務することが一般的です。交番勤務の場合、「当番(休憩を挟んだ24時間勤務)→非番→日勤」というような勤務形態を繰り返します。

ここでは当番の日の生活(例)を紹介します。

8:00 出勤

制服に着替え、それまでの時間に働いていた警察官から引き継ぎを行います。

8:30 勤務開始

交番の前に立って、街行く人々の様子を見守ります。

出勤、通勤時間帯など多くの人が行き交う際には、より集中します。

11:00 パトロール

パトカーに乗って街のパトロールに出ます。

交通違反ドライバーの取り締まり、街に変化がないかなどをチェックします。

12:30 昼休憩

交番で持ってきたお弁当を食べたり、出前をとったりします。

14:00 在所勤務

道に迷った人や取得物の受理などの対応を中心に行います。

日によっては次から次へと人が訪れるため、休む間もありません。

18:00 職務質問

街をパトロールし、不審と思われる人に声をかけます。

21:00 110番通報の対応

110番通報があればただちに現場に赴きます。

23:00 在所勤務

事件、事故に関する書類作成などの事務作業もあります。深夜帯は交代で仮眠を取ります。

翌朝8:30 勤務終了

次の警察官に業務の引き継ぎを行います。

休憩・仮眠について

交番勤務の場合、急な事件や事故にも即対応できるように食事は交代でとっています。

きちんと休憩時間は設定されていますが、事件や事故はいつ起こるかわからないため、常に不測の事態に備えていなくてはなりません。

当番の日は24時間勤務となるため、仮眠の時間があります。ただし、忙しい場合には仮眠をとることもままならず、ほとんど寝ずに仕事を続けることもあります。

とくに、繁華街では犯罪も起こりやすく、深夜でもひっきりなしに交番に人がやってくることも珍しくありません。

なお、休憩時間や仮眠時間は労働時間としてみなされていないため、もしその時間に仕事をした場合には時間外勤務手当が出ます。

仕事内容によって勤務スタイルは異なる

一言で「警察官」といっても、事務に携わる人もいれば刑事や鑑識係もおり、それぞれまったく同じように働いているわけではありません。

どんな仕事に携わるかによって、勤務スタイルは大きく異なるのが特徴です。

たとえば、警察署などで事務を担当する場合は一般的に平日朝から夕方までの勤務ですし、刑事であれば、ひとたび犯罪が起こると何日も帰宅せずに張り込みを行うこともあります。