警察官の1年目

まずは警察学校へ

警察官の採用試験に合格しても、すぐに交番などの現場で勤務できるわけではありません。

警察官として必要な基礎知識や技術、体力を身につけるため、まずは全員が警察学校に入校します。

そして、大卒の場合は6ヵ月、高卒と短大卒は10ヵ月の初任教育を受ける必要があります。

ただし、警察学校といっても、中学校や高校のようなものとは異なります。

入校した時点で、すでに公務員である警察官としての扱いを受けるため、毎月の給料は支給されます。学校は全寮制となっており、自宅などからの通学は認められていません。

警察学校の生活

警察学校の授業は、一般教養、法学、実務、術科などで構成されています。集団行動で協調性を身につけながら、日々勉強と訓練に励みます。

警察学校での生活は細かくスケジュールが決められており、あまり自由な時間はとれません。

警察官の一員であるという自覚を持ち、目の前のことに取り組む姿勢が重要です。

警察学校の1日(例)

6:30:起床
6:40:点呼、清掃
7:20:朝食
8:50:1時限目〜2時限目
11:45:昼食
12:45:3時限目〜4時限目
15:55:特別活動
17:15:入浴、夕食、自習時間
22:00:点呼
23:00:消灯

警察学校の卒業後

初任課程が終わり警察学校を卒業すると、「職場実習」として警察署に配属されます。期間は、大卒も高卒・短大卒も共通して3ヵ月間です。

職場実習を終えると、「初任補習科」という形で再び警察学校に入り、さらなる知識や技術を身につけていきます(大卒は2ヵ月、高卒・専門卒は3ヵ月)。

その後、警察署で「実戦実習」(大卒は4ヵ月、高卒・専門卒は5ヵ月)を経て、ようやく採用時の教養課程がすべて終了となります。

ここまでたどり着くのに、大卒で15ヵ月、高卒・専門卒で21ヵ月かかります。

一人前の警察官を育てるために、1年目から2年目にかけては、きっちりと組まれたカリキュラムの下に、経験を積んでいくことになります。

初任給、ボーナスについて

先述した通り、警察学校在学中にも給料が支払われます。

初任給は、警視庁勤務のⅠ類採用者で252,000円、Ⅲ類採用者で212,000円と発表されています(平成27年度現在。給料月額に地域手当を加えたもの)。

毎月の給料のほか、いわゆるボーナスに当たる期末・勤勉手当があり、年間を通じ給料月額の4.2か月分が支給されています。

なお、警視庁以外の都道府県警察本部の初任給(大卒)は、19〜21万円程度であるところが多いようですので、一般的な警察官の1年目の年収は300万円〜350万円ほどとなります。