歌手になるための学校(音大、専門学校)・スクール・養成所と費用

音楽関連の学校には通うべき?

歌手として必要な力を身に付けるために「学校やスクールに通う」という方法が挙げられます。

学校の主な種類としては、音楽関係の専門学校、高等専修学校、ミュージックスクール、あるいは音大があります。

歌手は、決してこれらの学校を出ていなければなれない職業ではありません。実力やセンス、人脈、そして運に恵まれれば、完全に独学でも歌手としてデビューできる可能性もあります。

しかし、現実はそう甘くありません。歌手になりたいという人がごまんといる中で、人よりも優れた歌唱力やセンスがなければ、なかなか見出してもらうのは難しいのです。

こういったことから、多くの歌手志望の人は、音楽関連の学校やスクールに通って基礎を身に付けています。

学校やスクールでは、声の出し方、歌い方、プロとしての心構えのほか、古今東西の音楽史の勉強や作詞作曲のコツなどが学べます。

学校に行くことの利点

気を付けておきたいのは、音楽の学校やスクールを出たからといって、すべての人が歌手になれるわけではないということです。

学校に行くことの一つののメリットは、すでにプロとして活動している人と触れ合うチャンスを得られること。

学校によっては、第一線で活躍中の人気歌手が講師として招かれることもあり、プロの心構えや苦労、プロを目指す上で気をつけなければならないことなどを、直接教えてもらえます。

学生時代の努力を目に留めてもらえれば、プロの歌手のバックコーラスの仕事がもらえることもあるようです。

学費、レッスン代はどれくらい?

学費は、通う学校やスクールによって大きく異なります。

専門学校であれば、2年間で200万円〜300万円程度、音大は国立か私立かによっても異なりますが、私立の場合は特に高く、合計で800万円以上かかる学校もあるようです。

民間のミュージックスクールであれば、年間で数十万円程度に収まることもあります。

ただし、週に何度通学するのか、レッスンを受ける人数(マンツーマンレッスンか、それともグループレッスンか)などによって、かかる費用は大きく変わってきます。

学校やスクールに通う意外の学び方

学校やスクールに通うことは考えていないけれど、ボーカルトレーニングの基礎を学びたいとうい場合は、通信講座を利用したり、個人で講師をしている先生を見つけ、アドバイスや指導を受けるという方法もあります。

また、業界の人脈を利用して、プロやセミプロとして活動している歌手の付き人になる方法もあります。

そのほか、芸能プロダクションのボーカルオーディションを受けて合格した場合、系列の養成所への入学を薦められることがあります。

レッスン代は必要となりますが、実力があると認められれば、プロダクションのバックアップの下に活動することができます。

ただし、プロダクションには大小さまざまあり、中には金銭目的で生徒の勧誘をするようなところもあるといわれるため、よく見極めて選ぶ必要があります。