情報システムのキャリアプラン・キャリアアップするためには?

情報システムに配属されたら

大企業や中小企業を問わず、情報システムに配属されると、まずパソコンやアプリケーションのセットアップなど、ITインフラ業務を担当します。

企業規模や業界を問わず、ビジネスの現場ではパソコンやインターネットは欠かせないツールです。

利用方法を説明したり、トラブルがあれば個別に対処したり、社内のサポートデスク的な役割として、社員が業務をスムーズに進めるためにも重要です。

そうした基本的な業務を通し、情報システムに必要なコミュニケーション力を養いつつ、社内業務も知ることができます。

その後はサーバー構築や社内システムの改善、そして新システムの開発や導入の際の責任者など、徐々に責任のある業務に関わっていきます。

情報システムとしてスキルアップするには

IT技術に関する知識は必要ですが、必ずしも最新のIT技術が実務レベルで求められるわけではありません。

あくまでも情報システムとしてスキルアップするには、会社組織の知識や所属する業界の知識が必要です。

また、社内では業務効率化システムを多数運用するケースが考えられるため、各部門の役割や会計に関する知識、そして会社運営に関わる基幹システムの知識も求められます。

技術だけを追求するのではなく、会社全体を客観的な視点でとらえることも、情報システムのスキルアップには不可欠な要素といえるでしょう。

情報システムのキャリアパス・キャリアアップの考え方

メンバークラス

入社後はITインフラまわりのサポートにはじまり、その後はPHP、PerlといったWebやオープン系技術のスキル取得していくのが大きな流れです。

また、数年の経験を積めばネットワークやインフラの設計、構築。

またERPやデータベースの経験、システムの運用などの業務もまかせられるようになります。

おおむね20代半ばくらいまでは現場担当として、精力的に実務を担当することが求められ、必要に応じて新しい技術の習得も期待されるでしょう。

リーダークラス

20代後半~30代前半になればひととおりの業務を経験することになり責任の伴う業務も任されるようになります。

次第にプロジェクトリーダーとして業務にたずさわることも多くなり、効率的にプロジェクトを進めたり、関わるメンバーの調整・進捗を確認したりなど、マネジメント業務もにないます。

同時に、システム開発や運用、特に情報システムとしては基幹システムまわりの技術スキルや知識に対し、高い専門性も求められます。

実務とマネジメント、両方のスキルが要求される立場といえます。

マネージャークラス

メンバー、リーダーというステップを踏んだ後はマネージャーとして情報システム部門を統括する立場になるケースが多いです。

現場の第一線から離れてマネジメント中心に行うパターンや、実務をこなしつつ部門のマネジメントを行うパターンなど、企業規模によって役割は変わります。

共通しているのは、自社システムの課題を解決する方法を見極めることです。

会社の将来を左右するといっても過言ではなく、それほど重要な判断力が必要になります。