保育士の現状と将来性

保育士不足の現状

少子高齢化が進む日本。保育士の将来性について危惧する人は少なくないかもしれません。

たしかに、子どもの数は年々減少傾向にあり、今後もこの流れは続くものと考えられます。

しかし、それと同じだけ保育士の需要が減ったり、活躍の場がなくなってしまったりするかというと、そうともいえません。

現代社会は、長引く不況の影響や人々の価値観・ライフスタイルの多様化などにより、共働きの夫婦やシングルマザーが増えており、ひと昔前よりも保育の需要はずっと増えているといわれます。

その一方、近年ニュースなどでも頻繁に取り上げられている「待機児童」の問題。保育園に我が子を預けたいと考える親御さんが多数いるなかで、まだまだ保育施設や保育士の数は不足しているのが現状です。

実際、保育士を新たに求める職場も多く、これからの保育士にとってもチャンスは十分にあるといえるでしょう。

ただし、なかには労働環境があまりよくない職場もあり、それを理由に早く退職してしまう人もいるようです。就職先を探す際には注意が必要です。

新しい保育サービスが続々と登場

少子化の流れのなかで、今、子ども一人に対してかけるお金は以前よりも増えているといわれます。

「大事な子どもに、できるだけ質の高い保育サービスを受けさせたい」という親御さんの気持ちが強くなっており、子ども一人ひとりとじっくりと向き合い、その子に合った保育を提供できる、質の高い保育士が求められつつあります。

従来の保育園や保育所のみならず、デパートなどの商業施設や民間の託児所などでも保育士として働ける人が求められるなど、活躍の場も広がっているといえます。

また、最近では「幼保一元化」という言葉の通り、保育のみならず教育まで併せて行う施設も、保育士の中心的な保育士の職場となっていくでしょう。

理想の保育のあり方は議論が重ねられているため、これから保育士を目指そうと考えている人は、新しい情報を追っていくとよいでしょう。

仕事体験談