ゲームクリエイターの資格

ゲームクリエイターに資格は必要?

ゲームクリエイターは、なるために絶対に必要とされる資格がありません。

各ゲームメーカーや開発会社の採用基準を満たしていれば、誰でも社員採用試験を受験することが可能です。

業務上必要な知識やスキルは、ゲームメーカーなどに就職し、仕事をしながら身につけていくのが一般的です。

ただし、プログラマーやグラフィックデザイナー、サウンドクリエイターなど、職種によっては早くから専門性を求められることもあります。

自分がやりたい仕事にどんなスキルが求められるのかは、早い段階で調べておいたほうがよいでしょう。

また、小規模の開発会社では即戦力になれる人を優先的に採用する傾向が強く、資格を持っておくと就職の際に有利になったり、業務を進めていく際に生かせることもあるでしょう。

ひとくちにゲームクリエイターといってもさまざまな仕事があるため、具体的にどのような仕事がしたいのかを考えて、関連する資格の取得を目指すとよいでしょう。

ゲームクリエイターには大卒生と専門学校卒生のどちらもいますが、デザインなど上記に挙げたような専門分野の仕事を目指す場合は、ゲーム関連の専門学校で学んでいる人が多いようです。

業務に関連する資格

ゲームクリエイターの仕事に関連するおもな資格としては、以下が挙げられます。

・CGクリエイター検定
・CGエンジニア検定
・マルチメディア検定
・C言語プログラミング能力検定
・Javaプログラミング能力認定試験
・基本情報技術者試験
・画像処理検定
・色彩検定

CGクリエイター検定の難易度、合格率

ゲームクリエイターを目指す人向けの専門学校などでは、このような資格を取得するためのカリキュラムが組まれている場合もあります。

もちろん、独学で勉強することもできます。

資格があれば必ず就職できるというわけではありませんが、自分のスキル確認やスキルアップのため、就職先の選択肢を広げるために、積極的に取得を目指してみてもよいでしょう。

資格よりも大事なこと

絶対に必要とされる資格がないゲームクリエイターの採用試験では、資格そのものよりも、具体的にどのような知識やスキルを持っているのか、何をしていきたいのかという点のほうが重視される傾向が強いです。

たとえば、デッサンや自作の作品を見せるなど、何らかの成果物を見せることができれば評価につながることがあります。

資格があっても実践できなければ意味がないため、日々センスや発想力を磨いたり、新しい技術を覚えようとする姿勢を大事にするほうがベターといえるでしょう。

流行しているものについて、「なぜ、売れているのか?」と論理的に考えようとすることも大切です。

資格取得を目的とするのではなく、まずはゲームクリエイターとしてどのような仕事がしたいのかを考え、その仕事に携わるために必要な知識やスキルについて調べていくとよいでしょう。

仕事体験談