ゲームクリエイターになるには

ゲームメーカーやゲームソフト開発会社へ就職する

ゲームクリエイターの多くは、ゲームメーカーもしくはゲームソフト開発会社で働いています。

ゲームメーカーは、その名の通り「自社でゲームを企画・開発、販売する」会社で、開発会社は「ゲームメーカーからの発注を受けて制作する」形が一般的です。

そのため、大手企業が中心となっているゲームメーカーに対して、開発会社は比較的小規模の会社が多いことが特徴です。

また、ゲーム制作の工程においても「企画のみ」「グラフィックのみ」といった形で、一部分を専門とする開発会社もあります。

必要な学歴とスキル

ゲームメーカーや開発会社へ入社するためには、どのような学歴やスキルが必要になるのでしょうか。

まず、学歴に関していうと、会社にもよりますが「専門学校卒」の学歴が求められるケースが一般的です。

プログラマーやグラフィックデザイナーなどの「開発職」を目指す場合、大卒の学歴が求められるケースはあまり多くありません。ゲーム制作に関連する専門学校で学んだ後に就職する、という人が大半です。

プランナーやディレクターなどの「企画職」を目指す場合は、「大学卒業」の人のほうが有利になることがあります。また、大手企業の中には大卒であることを条件とするところもあります。

ただし、この業界では学歴や就職する時点での専門知識よりも、センスや企画力、発想力、ニーズを捉える嗅覚、そして何よりもゲームに対する思い入れ、情熱などが重視されます。

加えて、より技術者な要素の強い開発職志望の場合は、プログラミング経験やデッサン力などが合否を左右するようです。

志望の職種に就くためには?

ゲームクリエイターの中でも、プログラマーやサウンドクリエイターなどは専門知識を要するため、職種別採用が行われるケースが多くなっています。

一方、ディレクターやプランナー、プロデューサーといった企画系の仕事は、入社後にアシスタント的な業務からスタートし、適性や実力に応じて職種が決められる場合もあります。

入社後は、ずっとプログラマーといったようにその道一本でやっていく人がいる一方、開発職から企画職に移るなど、キャリアを積む中で別の職種に挑戦する人もいます。

独学からゲームクリエイターになる

ゲームクリエイターは、必ずしも専門学校や大学を出ていなければなれない職業ではありません。

たとえ独学であっても、センスや確かな実力があれば、ゲーム制作に携わっていくことは可能です。

たとえば、ゲームメーカーなどが募集するコンテストに作品を応募し、受賞することでクリエイターデビューする人がいます。

また、ゲームメーカに自分の企画や作品を持ち込みをし、プロに直接見てもらうといったやり方もあります。

厳しい道のりですが、何か光るものが感じられれば業界関係者から声をかけてもらうことができ、仕事につながる可能性もあります。

仕事体験談