フードコーディネーターの役割

食の楽しさを伝えるプロフェッショナル

最近、テレビや雑誌などでも見かけることが増えているフードコーディネーター。

「食があるところにフードコーディネーターの活躍あり」ともいわれますが、フードコーディネーターとは、いったいどのような存在なのでしょうか。

フードコーディネーターの役割を簡単に表せば、食に関する専門知識を持ち、世の中の人々に食の楽しさや魅力を伝えるプロフェッショナル。

具体的には、オリジナルのレシピ開発や料理作りはもちろんのこと、食器やテーブルクロスなどの小物を選んだり、盛りつけや飾りつけまでも手掛け、味覚以外の感覚でも楽しめるような「食」を演出しています。

また、フードコーディネーターの特徴は、食に関わる幅広い分野で活躍できること。

たとえば食品メーカーで新商品の開発に携わったり、レストランのプロデュースをしたり、テレビの料理番組や雑誌の料理ページに出演したり、自治体や教育機関と連携して食育に携わったり…と、活躍のチャンスはあちこちにあります。

フードビジネスのあらゆる場で活躍できる

上記に挙げたように、フードコーディネーターは実にさまざまな場で働いています。しかし、どのフードコーディネーターにも共通するのは、食の現場の第一線で、現場の想いと消費者(お客さま)のニーズをつなぐ役割を担っていること。

食に関する広く深い知識を持ち、食を通して人を幸せに導いていく「フードビジネス界の総合プロデューサー」ともいわれています。

業務範囲が広い分、この仕事を突き詰めていくには時間がかかります。また、想像力と創造力が求められる仕事であり、仕事を通して多くの人と関わっていくため、変化と刺激のある毎日が送れるでしょう。