イベントプランナーの仕事内容

イベントを企画し、実行する

イベントプランナーとは、各種展示会、セミナー、コンサート、スポーツイベントなどのさまざまなイベントを企画・準備・運営する人のことをいいます。

「イベント」といっても、その種類はさまざま。音楽イベント、スポーツイベント、ブライダルイベントなど、イベントの種類によって、また案件によって、イベントプランナーが担う業務は少しずつ異なります。

全体としては、イベントに関する情報収集から始まり、パンフレットの製作、音響や照明、美術効果など会場作り、宣伝・告知などが主な仕事内容となります。

どのイベントにも必ず開催する「目的」があるため、イベントプランナーはこれら一連の業務に対し、クライアントと相談しながら最も効果的で魅力的なプランを生み出し、大勢のスタッフと一緒にイベントを作り上げていきます。

また、時にはイベントの全体的な指揮をとる「イベントプロデューサー」と兼任することもあります。

イベントプランナーの種類

「コンサートイベントプランナー」は、コンサートやライブなど、音楽を主体としたイベントのプランニングを行います。

「スポーツイベントプランナー」は、フットサル大会や野球イベント、マラソン大会などスポーツに関するイベントのプランニングを行います。

また、大きな枠でとらえれば、結婚式をプロデュースする「ウエディングプランナー」もイベントプランナーに含まれるといえます。

ウエディングプランナーの仕事

さまざまなジャンルのイベントに関わるイベントプランナーもいれば、スポーツ専門といったように、特定のジャンルで活躍する人もいます。

いろいろなイベントに関わる

コンサート、ライブ、スポーツイベントなどの他にも、日本全国では毎日たくさんのイベントが開催されています。規模も大きなものから小さなものまでさまざまです。

たとえば、地域で行われるお祭りや、街で行われるフリーマーケット、婚活・お見合いパーティー、ブックフェア、モーターショー、宝飾展などの見本市、格闘技イベント、オリンピックやワールドカップも、イベントの一種です。

これらの裏では、イベントプランナーのように企画・立案を行う人が必ず活躍しています。

普通、イベントの規模が大きくなるほど関わるイベントプランナーの数は多くなり、分業して仕事を進めることが多くなりますが、みんなで一丸となって目標に向かっていく達成感を味わうことができます。