エステティシャンに向いている人、適性

美に対する意識・関心が高い

エステティシャンを目指す人は「美容に興味がある」という人がほとんどでしょうが、エステティックサロンに来るお客さまも、美容に対してこだわりを持っている方が多いです。中にはかなりの知識をお持ちの方もいます。

そういったお客さまの期待に応えるためにも、エステティシャンはプロとして専門的な知識を身につけておく必要がありますし、技術力もどんどん向上させることが必要です。

「好きこそものの上手なれ」といいますが、逆に美容に興味がない人がこの仕事を続けていくのは厳しいでしょう。

また、美容が好きというだけでなく、普段から自分自身でもさまざまな美容法を試したり、さまざまな方向にアンテナを張って情報を集めるような人が、この職業に向いているといえます。

人のために尽くせる人

エステを利用するお客さまは、ただ肌を美しくするだけでなく、癒しを求めている方も多いです。

自分の症状をエステティシャンに伝えることで心を落ち着かせ、優雅な空間で過ごすことで、心身共にリラックスしたいと考えているのです。

そういった中、エステティシャンはただ自分の技術力を発揮するだけでなく、お客さまと信頼関係を築き、適度に会話をしながらリラックスしてもらうように努めることが大切です。

お客さまをリラックスさせるためのポイントとなるのが、コミュニケーション能力です。話やすい雰囲気や、気配り、自然な笑顔を人のために作ることが苦にならない人は、この仕事にとても向いています。

ハードな仕事に負けないだけの体力がある

エステサロンといえば、キレイで華やかな職場というイメージが強いようです。

しかし、実際には残業なども含めて勤務時間が丸半日近くになることもありますし、予約が途切れなければ休憩も取らずにバタバタと働き続ける日もあるほどです。

しかも、エステティシャンの仕事はほとんど立ちっぱなし。ボディマッサージなどではかなりの力を使うため、ある程度体力がなければ長年勤務することは難しいです。

人に美しさを与える仕事ですが、その裏では肉体労働といった厳しい面もあるため、自分自身で常に健康を意識し、できる限りの体力をつけることが大切です。

人間関係を上手に構築できる

エステティシャンはまだまだ女性のほうがずっと多い職業です。職場には女性しかいないという状況が生まれやすいため、そういった中で人間関係をうまく築き上げる必要があります。

女性集団だからといってすべての職場がそうとは限りませんが、売上の争奪などでいがみ合ったり、嫉妬や妬みなどからトラブルが生じることもあります。

残念ながら、人間関係のいざこざから離職を選択する人もいるのが実情です。

就職先にどういった仲間がいるかは事前にわかりかねるところがありますが、まずは自分自身が心に余裕を持って、人を思いやる気持ちを忘れてはなりません。

仕事体験談