エステティシャンになるには

エステティシャンは、仕事をするうえで特別な資格を必要とされる職業ではありません。

また、なるためのルートもいくつか考えられますが、最も代表的といえるのは、高校卒業後にエステティシャン養成学校やスクールに通い、卒業後にエステティックサロン等へ就職する方法です。

エステティック養成学校やスクールに通う

エステティシャンには資格が必要ないとはいえ、施術の際には人間の肌に直接触れるため、確かな技術と知識が求められます。

未経験からスタートできるエステサロンもありますが、即戦力として働きたい場合は養成学校やスクールで学び、基礎的な知識を身につけてから就職することが望ましいとされています。

一定の知識を持っている場合、就職時には待遇面でも優遇されることがあります。

学校卒業までの期間は3ヵ月〜1年程度までさまざまです。エステティックサロンと提携している養成学校に通えば、そのまま系列サロンに就職というルートも考えられます。

学校やスクールに通わずに就職するには?

エステサロンを運営する企業の中には、未経験であっても養成目的で人材を入社し、徐々にスキルアップしていける教育制度を整えているところもあります。

いまエステの需要は高まっているため、エステティシャンとして就職することは、条件さえ選ばなければそれほど難しくはありません。

ただし勤務先によって提供するサービスが異なるため、就職後は社内研修を受けたり自主的に勉強する必要があります。

また、異業種から転職する人も増えているようです。

エステサロンによっては、お客さまの営業に力を入れているところもあり、前職が営業職などであった場合は高い営業スキルが買われ、有利に就職できる可能性もあります。

近年ではサロンの数も増え、エステティシャンのニーズは高まりつつあります。一方、手に職を付けられる仕事として、エステティシャンの志望者も増加傾向にあるようです。

ライバルが増えているため、エステティシャン養成学校やスクールに通い、少しでも就職に有利になる方法をとることがますます必要になってくるかもしれません。

活躍の場は広がっている

従来のエステティックサロンは女性のお客さまをターゲットにしていましたが、近年は男性向けエステ、いわゆる「メンズエステ」に力を入れるサロンも増えています。

また、結婚式に合わせてエステを行う「ブライダルエステ」や、いつまでも若々しくありたいという願望に応えるための「アンチエイジング」など、エステサロンのサービスは多様化しています。

人々の美容へのニーズが高まる中、エステティシャンの活躍する領域も、さらに広がりを見せるものと考えられます。

仕事体験談