エステティシャンの独立開業方法

エステティシャンは、エステサロンなどの店舗に雇われて働く人もいれば、独立開業をして自分でサロンを経営する人もいます。

ここでは、エステサロンを開業する代表的な方法3つを紹介します。

1.自宅での開業

エステティシャンが開業しやすい理由のひとつは、ベッドさえあれば最低限の施術が可能というところです。

たとえば一軒屋に住んでいて空き部屋がある場合や、部屋数の多い場所へ引っ越しをした場合などに、「自宅兼店舗」として運営すれば、固定費を抑えることができます。

いきなり店舗を構えて開業というのは少々リスクが高いため、初開業の場合はこの形態を選ぶ人も多いようです。

しかし、プライベートと仕事の場所を完全に分けることができなければ、生活感が出てしまいます。

リラクゼーション目的で来店されるお客さまを迎える場所としてはふさわしくありません。

また、子どもがいる場合などはとくに生活感を隠すのが難しくなり、新しい場所への引っ越しやリフォームの必要に迫られることもあります。

2.マンションの一室で開業

マンションの一室を賃貸で借り、店舗として構えることもできます。駅の近くであれば、それなりに集客は見込めますし、外から見えないため自分が演出したい空間を作りやすいです。

一方で、立地条件のいい物件など、集客を見込んだ場所では賃貸料もそれなりに高くついてしまいます。

さらに、外から見えないようであれば予約なしでの飛び込み集客は見込みにくく、ネットによる集客や地道なビラ配りの営業活動が重要になります。

3.路面店での開業

駅の近くであったり、通り沿いでの店舗営業であれば人目にも付きやすく、大きな集客を見込めます。

また、ガラス張りの外装にするなど女性の目に留まりそうな外観にすることで、「ちょっと寄ってみようかな」と、飛び込みの予約も入る可能性があります。

しかし、路面店を借りるとなるとどうしても契約料や賃料が高くなってしまうため、毎月それなりの売り上げを取らなければ資金が持たず、廃業に迫られる可能性が高まります。

たいていの場合、開業時に資金を借り入れる必要もあるため、しっかりとした事業計画を立てることが求められます。

計画性が大切

このように、独立の形態ごとにメリット・デメリットがあります。どのようにリスクを取るかを考えておき、自分にあった経営方法をしっかりプランニングしていくことが重要です。

また、近年はエステサロンが増えており、以前にも増して競争も厳しくなっているといわれます。

いくら独立開業しやすい仕事とはいっても、確かな技術や知識を備えていなければ成功は難しいといえます。

資金計画のほか、場合によっては資格を取得するなどをして、安定してお客さまを集客するためにしっかりと計画を立てることが大切だといえるでしょう。

仕事体験談