副業のエステティシャン

副業でエステティシャンになれる?

「美容」はいつの時代も女性にとって関心を持たれやすい分野であり、最近ではエステティシャンという仕事を副業で始めようとする人が増えているようです。

エステ業界はつねに人手不足といわれており、未経験者や経験の浅い人でも積極的に採用する店舗が多くあります。

とくに20代など若い人の需要は大きいようです。

フルタイム勤務の正社員のみならず、短時間だけ働けるアルバイトやパートとしての求人もたくさんあるため、副業として働きやすい職業といえそうです。

ただし、本業の職場で副業を禁止している場合もあるため、注意が必要です。

副業での仕事内容

副業としてエステティシャンの仕事をする場合、お客さまに対して施術をするケースと、雑務やアシスタントとしての仕事を任されるケースの2通りが考えられるでしょう。

自らお客さまに施術をする場合、基本的には専業のエステティシャンと同じく、エステの施術に必要な知識や技術を身につける必要があります。

ただし、場合によっては他のエステティシャンのサポートや、受付の仕事だけを任されることもあります。

この辺りは店舗によって考え方が異なるため、事前によく確認しておいたほうがよいでしょう。

副業として少しずつエステティシャンのスキルを磨ける環境であれば、そのうちこの仕事を本業にすることもできるでしょう。

勤務先の選び方

副業として働く場合、当然ですが、まず本業の仕事に支障が出ない求人を探すことが重要です。

副業のエステティシャンのなかには、平日はフルタイムで別の仕事をし、土日を使ってエステサロンで働いている人もいるようです。

副業として働こうとする場合、休みが希望通りにとれるのか、1日の勤務時間はどれくらいかなど、きちんと相談できる職場を選びたいものです。

注意したいのは、副業だからといって決して手を抜いてはいけないということです。

エステティシャンはお客さまの身体にかかわる仕事ですし、職場では責任感をもって、本業と同じような気持ちで仕事をすることが求められます。

仕事体験談