エステティシャンの働き方・活躍の場

エステティシャンの活躍の場はさまざまです。ここでは、エステティシャンの主な就職先や働き方を紹介します。

エステティックサロンなどの独立店舗

エステティシャンの大半は、エステティックサロンやリラクゼーションサロンで働いています。美容系の大手企業が経営するチェーン店舗から、個人経営の小規模サロンまで店の規模はさまざまです。

大手の場合、会社自体が倒産する心配はあまりありませんが、「営業」に力を入れている企業も多く、個々のエステティシャンにノルマが課せられていたり、駅前でのビラ配りや紹介による営業もある程度行わなければなりません。

一方で、個人経営の場合、経営者の一存でさまざまな方針や機材導入が決まるため、経営者と考え方が合わないと続けるのが難しいかもしれません。

いずれの場合であっても、たくさんのお客さまと関わりを持つことになるため、大勢の指名客を付けることができれば、将来独立するときに大きな助けとなります。

ホテル・旅館・ブライダルサロンなどの施設

ホテルや旅館などに小さなエステコーナーを併設していたり、ブライダル専門のサロンなど、特定の利用客を施術する場で働くエステティシャンもいます。

ホテルの場合、自社に「エステ部門」を置いており、自前で雇ったエステティシャンが働くこともありますが、どちらかというと大手サロンを経営する企業がテナントで入れている場合が多いです。

こういった施設で働く場合、独立店舗で行うような痩身コースなどの定期施術ではなく、その1回限りのリラクゼーションを目的にした施術ニーズが高いことが特徴です。

化粧品会社などメーカー勤務

化粧品メーカーに勤め、デパート内のブースでのマッサージ等を行う人もいます。ここでは施術のほかカウンセリング業務も重点的に行いつつ、化粧品など自社製品の販売につなげる役目まで担うことが多いです。

商品知識やコミュニケーション能力が問われます。

独立・開業

長くエステティシャンとして経験を積むと、技術やノウハウを武器に、自らサロンを開業をする人もいます。

エステティシャンはマンションの一室や自宅の一室を改造するなど、ベッドさえ置けばどこでも開業することが可能です。資金のやり繰りなどの問題がクリアできれば、比較的開業へのハードルは低いといえるでしょう。

しかし、乱立するエステサロンで信頼と結果を勝ち取ることは非常に難しく、借金を抱えて廃業してしまう方も少なくありません。

ただし、軌道に乗せることができれば大きな収入を得ることができますし、何よりも自分のペースでやりたい施術を行うことができるため、「自分のサロンを持つ」ということを目標としているエステティシャンも数多くいます。

仕事体験談