エステティシャンの専門学校、スクール

専門学校やスクールには通うべき?

エステティシャンには特別な学歴や資格は必要なく、専門学校やスクールなどに通わなければエステティシャンになれないということもありません。

しかし、まったく知識・技術がない状態でエステサロンに入った場合、お客さまの施術をさせてもらえるまでにはある程度の時間がかかります。

また、大手企業の中には専門学校卒業生のみを正社員として採用するところもあるため、即戦力として本格的にエステ業界で生きていきたいのであれば、専門学校やスクールで基礎から学ぶに越したことはないでしょう。

認定スクールは就職にも有利

エステティシャンの学校といっても、その種類や学び方はさまざまです。

学校やスクールによっては、「日本エステティック協会」などエステ関連の協会から認定されているところもあります。

こうしたスクールに通えば、資格を取得するための実務経験などが免除されるなどのメリットがあります。

さらに、多くのエステティシャンを世に送り出してきている実績から業界内での信頼も厚く、大手エステサロンなどからの求人が多数あり、就職サポートが充実しているという点も特徴です。

自分に合った小規模の学校やスクールを選択するのもよいですが、卒業後の進路を考えて学校を選ぶのも一つの方法です。

通信教育で学ぶことも可能

仕事や居住地の関係で学校に通学することが困難な場合、通信教育を利用することも考えてみるとよいでしょう。

通学の場合と授業内容はまったく同じとはいきませんが、時間や場所を問わず、テキストを利用して基礎的なことを確実に学べるため、自分で市販の書籍や参考書などを探すよりは効率的といえるでしょう。

授業内容

では、エステの専門学校やスクールでは、どのような内容のカリキュラムが用意されているのでしょうか。

どこの学校でも必修で受けることができるのが、ボディやフェイシャルなどの実習です。現場に出て何もわからないということにならないよう、実習に力を入れている学校は多いです。

また、エステティシャンは肌の外側を磨くだけでなく、体の中からキレイにしていくためのアドバイスもできなければなりません。

そのため、座学を通して免疫学や生理学、皮膚学や栄養学なども含めた理論まで徹底的に学ぶカリキュラムが用意されています。

仕事体験談