営業事務のつらいこと、大変なこと、苦労

スピードを求められがち

営業事務は、同じくオフィスワークを行う一般事務よりも大変といわれることがあるようです。

その理由として、営業事務の場合、営業担当者やお客さまの都合に合わせて仕事をしなくてはならないということが挙げられます。

他の事務職と比べると自分のペースで動きにくいうえに、スピードも求められます。

たとえば、夕方、外回りをしてきた営業から依頼を受けて「明日の朝一番までに見積書を作ってほしい」といわれるようなこともしばしばあります。

営業の立場からすればお客さまの要望には一刻も早く応えたいものであり、営業と二人三脚で動く営業事務も同じような感覚で仕事を進めていくことになります。

営業部門は常に忙しく動き回っているため、どうしても営業事務もそのペースに巻き込まれます。

大変な仕事ですが、それくらい、営業部門において営業事務が必要とされているということです。マイペースに働きたい人にはつらいかもしれませんが、事務職でもビジネスが動く様子を味わいながら変化のある仕事がしたいという人には、大きなやりがいを感じられるでしょう。

責任の重い仕事も任されることが多い

営業事務の仕事では、企業の中でも重要だと位置づけられているものが多くあります。

たとえば、受発注管理や納期の調整は、対応を間違えれば大きな機会損失やクレームにもつながる可能性があります。

そのほか、お客さまからの電話・メールを直接受けてやりとりすることもあります。

スピードを重視しながらも、正確に相手の望むことを理解して伝える能力が求められ、その場の状況に応じて臨機応変に動く判断力が必要とされます。

事務だからといって、ルーティンワークだけをこなしていればよいというわけではない場合が多いことは知っておく必要があるでしょう。

結局はコミュニケーション能力がモノをいう

営業事務は、営業担当者とどれだけ連携できるかという点が重視される仕事です。

営業を的確にサポートするためには、やはりコミュニケーションが欠かせません。

一人で淡々とデスクワークをこなすのではなく、チームワークを大切にして、相手が望むことを先回りしてやろうという姿勢が必要とされます。

また、1から10まですべてを言葉にしなくても察して理解できる人や、気配りや機転の利く人は、どのような職場でも歓迎されます。

営業の手が回っていない部分をフォローすることで、お客さまの信頼感や満足度も大きく上がります。

人とのやりとりが多く、お客さまからクレームを受けてしまうこともありますが、大変な分だけ充実感も味わえる仕事だといえるでしょう。