動物看護師の仕事内容

メインの仕事は、獣医師のサポート

動物看護師の主な仕事は、動物の診察や手術などを行う獣医師を支援することです。

人間に対してクリニックや医院などで医療行為を施す看護師とは異なり、動物看護師に国家資格や公的な資格は現在のところ存在しません。

しかし、動物の体や病気、薬、ケアなどに関する深い知識が求められる専門性の高い仕事です。

動物看護師の業務は、大きく以下のように分けることができます。

診察に関わること

・動物の保定(診察時、動物が動かないように押さえておくこと)
・器具の準備、消毒、片付け
・入院動物のケアや健康管理
・体温や脈拍の測定、血液検査や尿検査などの検査
・病状や治療内容、検査結果について飼い主へ説明
・手術の際に獣医師の助手を務める
・カルテの管理

薬剤に関すること

・病院内に保管している薬の管理や製薬会社への注文
・獣医師が処方、調合した薬を確認し、飼い主に説明して渡す

病院事務に関すること

・受付窓口での対応
・会計業務
・電話やメールでの問い合わせ対応

その他

・病院内の清掃、消毒
・診察に使用するタオルや手術用の滅菌布などの洗濯、管理
・患者や飼い主がリラックスできるための環境づくり

飼い主とのコミュニケーションも大切

人間と同じように、動物病院にやってくる患者(動物)も不安を抱いています。

そのような中、動物看護師は少しでも患者がリラックスできる環境づくりに努め、獣医師が手早く、適切な検査や治療を行えるように手伝っていきます。

上記に挙げたように、診察や手術時のサポート以外にも動物看護師が行う仕事はたくさんあります。入院している動物を散歩させたり、定期的に検査を行ったりして健康管理をするのも動物看護師の役割です。

トリミングやグルーミングも、動物たちの日々の体調管理には重要です。

その他には、骨折で歩行が困難になった犬など、動物のリハビリをサポートすることもあります。

糖尿病や虫歯、肥満になった動物について、飼い主に生活習慣の改善をアドバイスするのも動物看護師の仕事の一つです。

飼い主と接することが多いのは、獣医師よりもむしろ動物看護師のほうです。動物とだけでなく、人間と上手にコミュニケーションをとれるかどうか、ということも、動物看護師にとっては大切なことなのです。

動物看護師は、動物病院の受付業務や診察・手術の予約管理など事務的な仕事を任されることも多く、その仕事領域は実に幅広いことが特徴です。

病院によっても異なりますが、動物看護師の仕事とはまさに「獣医師のする仕事以外のすべて」といってもよいでしょう。

仕事体験談