動物看護師に向いている人、適性

業務に必要な専門知識

動物看護師は、主に動物病院で実に幅広い仕事をこなしています。

獣医師の診察や手術の補助はもちろん、入院している動物の健康管理をしたり、薬の管理を行ったり、受付や予約対応などの事務作業をこなすことも日常茶飯事です。

こういった多岐にわたる業務を任されていくため、求められる知識やスキルも幅広いものとなります。獣医学に関する知識、血液検査などの検査方法など、看護に必要な知識が豊富であることは必須です。

これらの基礎は専門学校等で身につけることができますが、覚えるべきことがとても多いため、地道に自分でしっかりと勉強を続けられる人が好ましいです。

そのためには、まず「動物のことが好き」「動物を助けたい」という気持ちがあることが大切。意欲を持ち続けられる人なら、新しいこともどんどん吸収していけるはずです。

ハードな仕事に耐えうる体力

動物看護師は頭を使うだけではなく、体力も求められます。

たとえば、診察台の上では動物が怖がって暴れてしまうため、動物看護師は獣医師が適切な診察や治療ができるように、しっかりと押さなければなりません。大きな動物を押さえるためには、ある程度の筋力が必要です。

また、入院中の動物の健康維持のために散歩に連れていくこともあります。そんなとき、自分が先にへばってしまうようでは困ります。

さらに、日によってはひっきりなしに患者が訪れ、休む間もなく働いたり、診療時間を大幅に過ぎても帰れないということもあります。

実際にこの仕事に就いた人からは「思っている以上にハードだった」という声も挙がっているため、体力があるに越したことはありません。

人とのコミュニケーションも大切にできること

動物は会話ができません。そのため、飼い主に治療方針や処方する薬について説明したり、動物の病状の経過についてわかりやすく説明することも、動物看護師の大事な仕事です。

ですから、いくら動物が好きでも「人が苦手」という人では、なかなかこの仕事を続けていくのは難しいです。

人間の病院と同じで、病気の動物も24時間何が起きるかわかりません。そして、命のすぐそばで働く仕事である以上、いくら自分が全力を尽くしても、ときに泣きたくなるような心苦しい場面に遭遇することもあるでしょう。

自分自身が「動物が好き」なことは前提条件ですが、さらに一歩進んで、飼い主と動物が幸せな関係を続けていけるようにサポートする、という視点を持てると、やりがいも感じやすいのではないでしょうか。

長く動物看護師として働き続けている方は、そのような視点で動物の世話をし、飼い主の方とのコミュニケーションにも気を配っているようです。

仕事体験談