動物看護師のつらいこと、大変なこと

「好き」なだけでは務まらない

人間を相手にする看護師も大変な仕事ですが、言葉や表情で「痛い」「苦しい」といった感情を伝えられない動物を相手にする動物看護師は、もっと大変かもしれません。

動物病院にやってくる動物は、「何か怖いことをされるのではないか?」とどこか緊張しています。

動物看護師はそんな動物の不安を和らげ、獣医師が診察しやすいように動物を押さえるなどのサポートをしていきますが、ときには動物が暴れて腕を思いきり引っかかれたり、噛まれてしまうこともあります。

また、動物看護師は動物の排泄物の処理もしなければなりませんし、手術時などに血を見なければならないこともあります。決して「キレイ」な仕事ではないのです。

そのため、動物に対して「かわいい」という気持ちだけではなく、動物のことを心から救いたいと思える人でなければ、とてもやっていけないかもしれません。

動物の死に直面しなければならないことも

動物も人間と同じように、生きている以上、いつか命の終わりを迎えます。

動物病院にやってくる動物たちは、どこかしら体に悪いところや不安を抱えていますし、たとえ獣医師や動物看護師が全力を尽くしても、寿命や大きな病気で助からないこともあります。

動物が好きだからこそ、動物が苦しむところを目の当たりにしたり、死に直面するのはつらいと感じてしまうかもしれません。命の重みを感じながら、そこにしっかりと向き合って、自分を強く持つ必要があります。

労働環境の厳しさ

動物看護師の労働環境は決して恵まれているとはいえません。

とくに、動物看護師の資格は、現在のところ国家資格や公的資格でないため、なろうと思えば誰でも比較的すぐ動物看護師になれる反面、その立場は曖昧な面があります。

専門性が問われる仕事でありながら、給料は他の業種と比べても安いことが多いです。また、残業が多かったり休みがとりにくかったりと、精神面と肉体面の両方でかなり厳しい生活を強いられる人もいます。

さらに、就職先の病院によって待遇に大きく差があり、不安定な身分で働かざるを得ないこともあります。

今後、動物看護師の資格が公的なものとなれば、その立場もより確立されていくものと思われますが、しばらくは不安定さを覚悟する必要もあるかもしれません。

仕事体験談