動物看護師になるための学校(大学、専門学校)

認定動物看護師の資格が誕生

動物看護師になるために、現在のところ、絶対に必要とされる資格があるわけではありません。

代表的な就職先である動物病院では、無資格でも採用されることがありますが、現実には専門的な知識や技術が求められる仕事であることから、きちんと勉強をして資格を持っている人が優遇される傾向にあります。

かつて動物看護師の資格というと、いくつもの動物看護団体が認定する民間資格が乱立している状態でした。

しかし現在は、その内容を一本化して動物看護師資格の基準を統一しようという動きがあり、「認定動物看護師」という統一認定試験が2012年からスタートしています。

この試験を受験するためには、動物看護関連の特定の学校を卒業する必要があります。

なお、この先には認定動物看護師が国家資格化する可能性も考えられますが、現段階では認定動物看護師をはじめ、いくつかの民間資格が存在しています。

しかし、すでに認定動物看護師は動物看護師のスタンダードといえる資格として知名度が上がっているため、この資格取得を目指すと、就職先の選択肢は広がるといえそうです。

動物看護関連の学校とは

現在、動物看護師になるための学校(動物看護について学べる学校)は、以下の種類に分けられます。

・動物看護関連専門校
・動物看護関連の課程をもつ専門学校あるいは専修学校
・動物看護関連の学科をもつ短期大学あるいは大学

このうち、認定動物看護師試験を受けるための条件としては、

「動物看護師統一認定機構が推奨したコアカリキュラムに基づく「動物看護学」を教育する学科あるいはコースを有する専修学校あるいは大学において、認定動物看護師になるのに必要な単位(必要時間数)を修めた者」

と発表されています。

つまり、認定動物看護師になりたいのであれば、まず「コアカリキュラム採用校」とうたっている学校を選ぶことが必要になります。

なお、動物看護師統一認定機構のコアカリキュラムを採用している大学や専修学校以外にも、動物看護について学べる専門学校やスクールはいくつもあります。

どの学校を選ぶか

動物看護師統一認定機構のコアカリキュラム採用校であれば、動物看護師の認定試験を受けるために最低限必要とされることを、どこでも学ぶことができます。

しかし、それ以外の部分で、それぞれの学校の特色が分かれます。

たとえば、実技研修に力を入れる学校、動物看護師以外の資格(動物栄養管理士、ペット栄養管理士、メディカルグルーマーなど)もあわせて取得できるようなカリキュラムの学校もあります。

それにともなって、授業料も学校によって異なります。

大手の専門学校の例では、初年度が入学金を含め約150万円、次年度以降約120万円程度が授業料として必要になるようです。

卒業までにかかる期間や費用とあわせて、学校ごとの特色を比較しながら入学先を検討するとよいでしょう。

なお、認定動物看護師資格の今後の動きにより、学校のカリキュラムなどにも変化があるかもしれません。

これから動物看護師を目指す方は、つねに最新の情報をチェックしてください。

仕事体験談