大学教授の講演料

講演はメジャーの副業のひとつ

大学教授は副業をすることが認められています。そのため、執筆活動を行ったり、ニュースやワイドショーなどのテレビ番組に出演して活躍する人もいます。

そのほかの大学教授の副業としては、臨時講師をするというものもありますが、講演会などで公演を行うというものもあります。

講演会などで大学教授をよく見かけるのは、講演が大学教授のメジャーな副業のひとつだからです。

ただし、講演は授業をするのと勝手が異なり、専門外の一般の人にわかりやすく、興味を起こさせるような話をしなければならないため、大学教授によって人気のあるなしがはっきりしています。

講演料はどれくらい?

大学教授の講演料は基準になるものや、決められたものはありません。

ただし、大学教授と講演を望む人とのマッチングや仲介を行うサービスがあり、多くの大学教授がそのようなサービスに登録しています。

そのサービスでの講演料は1回10万円というのがひとつの基準になっており、それが講演料の目安になっているようです。

ただし、そうしたサービスからの依頼により講演を行う以外にも知人に頼まれて講演を行うというケースもあります。そうした場合は、1回数万円など、心づけ程度になる料金になることもあるようです。

大学教授の中にも話がわかりやすく面白い人もいれば、そうでない人もいますし、テレビで活躍して知名度の高い大学教授もいます。

大学教授によって講演料は人によって大きく異なり、テレビに出演するような人気教授の場合、60分から90分の1回講演の講演料が50万円以上にもなることもあるようです。

雑費はどうなる?

大学教授の中には講演のために全国を飛び回っている人もいます。遠方での講演に出席する場合、宿泊料等は、基本的に主催者が負担します。

交通費も同様です。交通費については講演料の中に含まれている場合、または別途支払われる場合とさまざまなようです。

また講演時間によって食事の用意がされる場合があります。