コピーライターの仕事内容

コピーライターの役割 コピーライターは、テレビ、雑誌、インターネット、ポスター、商品パッケージといった広告の「コピー」を考える仕事です。 広告は、テレビCMであったり、電車の中吊りだったり、雑誌だったりとさまざまですが、 … 続きを読む

有名なコピーライター

日本には有名なコピーライターが大勢います。 「有名」の考え方も人それぞれだと思いますが、誰もが知るコピーを数多く手がけた人、長年人の心に残るコピーを生み出した人などは、有名なコピーライターとして多くの人に認識されることで … 続きを読む

コピーライターの賞・コンテスト

コピーライターになる方法のひとつとして、「コピーライティングの賞を受賞して、その世界に入る」ことが挙げられます。 受賞経験があれば、就職活動の際の大きなアピールポイントとなるでしょう。 また、賞への挑戦は実力を試すにも最 … 続きを読む

コピーライターの役割

広告業界におけるコピーライターの役割 広告はコピーライター以外にも、プロデューサー、ディレクター、プランナー、デザイナー、イラストレーターなどの専門的なスキルをもつスタッフにより作られています。 その中でコピーライターの … 続きを読む

コピーライターの魅力

選ばれた人しか成功しない難しい仕事 コピーライターに必要なのは「書く力」だけではありません。 「書く内容」を的確にするためには、商品知識やスポンサーの意図を把握すること、高度なマーケティング論理や、広告に適した表現かを知 … 続きを読む

コピーライターのやりがい

一人前になった時の喜び センスとやる気がある人なら、新卒や未経験者を採用している広告代理店や制作プロダクションに就職すれば、肩書きだけのコピーライターになることはすぐにでもできます。 しかし、一人前のコピーライターとして … 続きを読む

コピーライターの苦労

「生みの苦しみ」を味わう仕事 コピーライターとして活躍している人たちは、素晴らしいコピーを生み出すために、日々発想力を磨いています。 街中にあふれるコピーをチェックして、「おっ!」と思うものがあればメモをとり、ネタになり … 続きを読む

コピーライターの現状と将来性

広告業界全体の現状 リーマンショック後の景気減退とともに、日本においてもあらゆる企業が広告宣伝費を削減する傾向が顕著になり、広告市場は長らく低迷を続けていました。 それに伴い、賞与の削減や人員の削減、ひいては中小の広告代 … 続きを読む

コピーライターとライターの違い

明確な線引きはない コピーライターとライターは、どちらも「言葉」を扱うプロフェッショナルです。 職業名も似ているため、どうしても違いがわかりにくいといわれることが多いようですが、ここではいくつかのポイントから両者の違いに … 続きを読む

コピーライターの1日

不規則な動きになりやすい コピーライターなど広告制作に携わる人たちは、つねにクライアントありきで仕事をしています。 そのため、クライアントの都合や案件量によって動きが変わることも多く、さらに広告制作は納期があることから、 … 続きを読む