中学校教師の1日

出勤からお昼まで

8時前後から朝の打ち合わせが始まりますので、それ以前には出勤します。ただし、部活動の顧問をしていると早朝練習がある場合も。

また担当教科によっては、その日の授業で実習が予定されていると、勤務開始時刻より一時間ほど前に学校に着くよう自宅を出ることもあります。

打ち合わせ後は、クラス担任の場合、朝のショートホームルームにて出欠の確認をし、事前連絡なしで教室にいない生徒宅へ電話を入れます。学校によっては、朝のSHR前に「朝読書」の時間があり、生徒と一緒に読書をします。

一時間目の授業は9時前から。多くの学校で、50分間授業をして10分の休み時間という日課になっています。

日によって授業数や、授業のある時間帯は異なりますが、担当しているクラス全員が意欲的に取り組めるよう、頭をフル回転させて授業を展開しています。

中学校では定期テストがあるので、学年全体の進度が揃うようにペース配分にも気を配ります。

授業がないときでも、事務的な作業に追われます。

担任を持っている場合は毎日提出する「生活ノート」(短い日記・作文。学校によって呼称が異なったり、活用していないところも)に赤ペンを入れたり、定期テスト結果連絡表や通知表のような、各家庭への配布物を作成したりします。

副担任であっても、提出物のチェックなど分担して行なう事務仕事を進めます。

もちろん、教科担当として授業の予習や課題提出の有無・内容の確認、小テストの丸つけなどもこなさなければなりません。

校務分掌(校内の役割分担)に従って行事の準備をしたり、部活動の練習試合の手配をしたりといった仕事もあります。

給食から生徒の下校まで

給食の間もれっきとした指導時間ですから、配膳の様子を気にかけながら生徒に声を掛けたり、生徒に混じって片付けを指示したりします。

食事の時間には生徒たちもリラックスしているので、普段は話せないテレビの話題や友人関係のことなど、子ども達の言葉に耳を傾けます。

午後も午前と同じく、授業に事務仕事にと忙しく過ごします。

5限目開始前か6限目終了後に10分程度の清掃があるので、監督・指導をします。

その後、担任をしていたら帰りのショートホームルーム。「生活ノート」やプリント類を返却・配布します。

放課後は部活動指導です。夏期は18時半頃まで、冬期でも17時半頃までは部の生徒たちと過ごします。

夜の残業

授業の空き時間に手が回らなかった仕事は、部活動終了後に取り組みます。しかし、忙しいときに限って生徒指導の緊急職員会議が召集されることもあり、取りかかるのがさらに遅くなってしまいます。

クラスに長期欠席の生徒がいれば、失礼に当たらない時間に家庭訪問をすることも。訪問しなくとも、毎日必ず電話連絡を入れて、保護者と連携を密にしておきます。

終業時刻はとっくに過ぎていますが、やり残して放置するわけにもいかず、残業手当が支給されなくても割り当てられた仕事をやり遂げます。

遅くまで中学校の職員室に灯りが点っているのは、全ての仕事が濃度の差こそあれ生徒に関わるものであり、生徒たちが可愛いと思う先生方の情熱の証なのです。

仕事体験談