調理師の魅力

さまざまな料理を学べる

調理師の魅力は何といっても自分でさまざまな料理を作れるようになることです。

和食、中華、フランス料理、イタリア料理と料理の種類は実に多様です。この中の一つの道を極めるという人もいますし、さまざまな料理を学ぶという人もいます。

実際に、ホテルや結婚式場で働いた場合は、専門外の料理を手伝うことも多く、多様な知識や技術が身につくようになるといわれています。

食に関してはあまりお金がかからない

調理師になると、仕事中の食事として「まかない食」が出ます。まかない食は余った食材で作ることもありますし、配膳した料理の残りを食べることもあります。

また、店によっては余った食材を持ち帰ることを許してもらえたり、出入りの業者さんから割引券をもらえたりすることもあります。自分で料理を作ることができるので、外食や惣菜に頼ることもありません。

食に関する部分にはあまりお金をかけなくてすむのは、とくに駆け出しのときは助かるでしょう。

小額出費でも開業できる

技術を磨けば独立開業も夢ではありません。独立は大きな店舗を構えることもあれば、小さな店舗で開業することもあるでしょう。

最近は自宅併設の小料理屋、家族経営の小さなお店というものも増えてきました。

こういった店舗は、やり方しだいでは少ない出費で開業することができます。

結婚後も役立つ

また、結婚して子どもが生まれてからも、調理師の資格や技術は役に立ちます。

たとえば、子どもの食事を作るときにも役立ちますし、自宅で料理教室を開いたり、ケータリングサービスを始めたりと、負担にならない範囲で仕事をすることもできます。

料理に関する需要は何かと多いため展開がしやすく、後々になっても役立つ技術です。

仕事体験談