海外で活躍する調理師

海外で日本食の人気が高まっている

海外の一流レストランやホテルなどでは、日本人の調理師も大勢活躍しています。

近年はユネスコの世界文化遺産に「和食」が登録されるなど、日本食の人気がますます高まっており、海外の日本食レストランも活気にあふれているようです。

また、こういったブームやグローバル化の波を受けて、日本の飲食チェーンが海外へ進出する機会も増えているため、海外で調理の仕事をしたい人にとっては間口が広がっているといえるでしょう。

ここで注意しておきたいのは、日本で取得した調理師免許は、海外においては有効ではないということです。

ただし、海外に渡航して働くための「就労ビザ」を取得しようと思った場合には、その審査を受ける際に、日本の調理師免許が大きな効果を発揮するケースもあるようです。

ちなみに、海外では調理関係の資格を定めていない国も多くあります。基本的には日本で働く場合と同様、現地の店で経験を積みながら仕事を覚えていく流れになります。

日本で経験を積んでから海外へ

調理人としての成功を収めるために、確かな技術が求められるのは、日本でも海外でも変わりません。

「いち早く海外で活躍したい」という情熱は素晴らしいものですが、海外の有名店で、一流の料理人として活躍したいと思った場合は、やはり日本できちんと基礎を学び、経験を積んでから海外に行くほうがよいといわれています。

日本料理の細やかな調理技術や繊細な舌、知識を持っている調理師は、海外でも重宝されるケースが増えているようです。

また、腕があればあるほど、一流レストランや一流ホテルなど、より良い待遇の職場に就職できる可能性も高まります。

仕事体験談