調理師と栄養士の違い

調理師と栄養士の違い

調理に携わる道に進もうとした時に、調理師と栄養士、どちらの道に進むべきか迷う人は結構多いようです。

調理師と栄養士は、定義も役割も大きく異なるものですが、病院や福祉施設、学校給食、食堂などの現場では、どちらも同じような扱いを受けることがあります。

ですが、調理師は、栄養学の知識はあるものの調理が専門分野。それに対して栄養士は、栄養学のプロフェッショナルで調理も手伝える立場で調理師とは大きく異なります。

栄養士とは何か

栄養士は、食に関してプロフェッショナルな知識を持ちます。

食品の栄養成分や効能に対する知識が豊富で、栄養指導や栄養管理を仕事とします。この栄養管理の観点から、献立作成や食材発注、調理などが業務として加わります。

勤める職場にもよりますが、栄養計算、献立作成、食材発注などの事務作業と厨房での調理の両方をこなします。

また、栄養士の上位資格である管理栄養士になると、病気治療のための栄養指導や病院、福祉施設、学校給食の献立作成を行うことができるようになります。

栄養士の仕事
管理栄養士の仕事

これに対して調理師は、調理のプロです。もちろん、調理のプロとして栄養学の知識は持ちますが、栄養士のような豊富な知識ではありません。

また、栄養学に基づいた献立作成もできません。

しかし、栄養士には調理師のようなプロフェッショナルな調理はできません。

栄養士のできる調理はわかりやすくいえば家庭料理の延長といってもよいかもしれません。調理技術としては専門の調理師のほうが上といえます。

栄養士には高度な調理は求めない

病院や学校給食、食堂など栄養面に配慮した調理現場では、高度な技術を必要とする調理がないこともあり、栄養士か調理師のどちらかが求められます。

しかし、レストランなどの食を楽しむ場では、栄養士ではなく調理師を募集するところが大半です。

また、栄養士の中には、調理に2年携われば調理師免許の受験資格がもらえることから、先に栄養士の免許を取り、その後調理師免許を習得する人もいます。

仕事体験談